グルメ

人形町和菓子の老舗 玉英堂彦九郎一番人気の虎家喜

2018年4月10日

こんばんは。ムーファです。

今回はおやつで頂いた、どら焼きです。

訪問したお店は、人形町にお店を構える「玉英堂彦九郎」。

いかにも老舗という店構え、名前からも歴史を感じられます。

人形町というだけでも、老舗と思ってしまうかも。

SPONSORED LINK

玉英堂 彦九郎

では、簡単にお店のご紹介を。

HPを探したのですが、「玉英堂 彦九郎」のHPは見つかりませんでした。

色々なサイトから調べた情報を掲載します。

天正4年(1576年)、京都の地で創業したようです。

400年以上!?凄いですね。

人形町にお店を構えたのは60年前との記事がありました。

人形町甘酒横丁の入り口にお店があるので、よく見かけると思います。

外からお店を覗くと、ガラスに「店内撮影禁止」の張り紙がデカデカとあります。

撮影する人が多いのですかね。

「玉英堂 彦九郎」の看板商品は、今回ご紹介する「虎家喜」です。

いわゆる「どら焼き」ですね。

また、「玉饅」も看板商品のようです。

むしろ「玉饅」が看板商品!?

1個650円する饅頭なのですが、すごい手間隙かかっているようです。

いつか食べてみたい。

東京都中央区日本橋人形町2-3-2 玉英堂ビル 1F

営業時間
[月~土] 9:30~21:00
[日・祝] 9:30~17:00

虎家喜(どらやき)

購入した「虎家喜」のご紹介です。

「虎家喜」1個 280円。

包まれている袋を開けると、皮に紙が付いています。

カステラについているような、紙ですね。

大きさは、それほど大きくもないかな。

どちらかと言えば、小さいほうかと思います。

紙をとって半分にしました。

皮についている紙をとると、皮がトラ模様になりました。

虎家喜の所以ですかね?

餡は、粒あん。

大きな小豆が見えています。

皮は非常に柔らかいです。

厚めですがフワフワしている生地です。

餡は、小豆のツブツブさをダイレクトに味わえ食べごたえがありますね。

甘さも控えめで美味しい。

まとめ

玉英堂彦九郎の「虎家喜」、いかがでしたでしょうか。

店内では、あまり見たことのない和菓子がいっぱいありました。

商品名もなんて読めばいいのか分からないのも多かったです。

老舗ということで敷居が高いお店かもしれませんが、今度は「玉饅」にチャレンジしてみたいですね。

人形町はその他に和菓子屋、スイーツ店などいっぱいありますので、我が子が大きくなったらお散歩がてら寄ってみたいですね。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-グルメ
-, ,

Copyright© ムーファの足跡 , 2020 All Rights Reserved.