自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

グルメ

東京駅八重洲で食べる南インドカレー屋の「ビリヤニ」 エリックサウス

投稿日:2018年6月26日 更新日:

東京駅で本格南インド料理をいただきたく、食べログ評価も高い「エリックサウス(ERICK SOUTH)」に訪問してきました。

今回の訪問先は、東京駅地下に広がる「八重洲地下街」。

いろいろなお店が地下に連なる、巨大ショッピング地下街です。

もちろんレストランも多数あり、観光客やビジネスマンの胃袋を満たしてくれますよ。

エリックサウスは「南インドカレー」が有名なのでカレー目的で来店したのですが、メニューを見てカレーではないものに惹かれました。

では、ご紹介します。

SPONSORED LINK

エリックサウス(ERICK SOUTH)

まずは、簡単にお店のご紹介を。

エリックサウスは、無添加で本物の味わいを目指し、日本人にマッチしたスパイスを厳選した南インド料理を提供してくれます。

やはり南インドカレーが有名です。

店舗数は3店舗。

東京八重洲地下街にある「八重洲店」、東京ガーデンテラス紀尾井町にある「東京ガーデンテラス店」、名古屋にある「KITTE名古屋店」の3店舗です。

今回はエリックサウス八重洲店にお邪魔しました。

東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街4号(八重洲地下2番通り)

営業時間:
【月~金】11:00~22:00(L.O. 21:30)
【土・日・祝】11:00~21:30(L.O. 21:00)

南インドカレーが有名だが「ビリヤニ」を注文

エリックサウスはカレーを頼む人がほとんどなのですが、席についてメニューを見てみると数量限定メニューが目に止まりました。

「ビリヤニ」

「ビリヤニ」は食べたことはなかったので、どんな味か想像がつきませんでした。

ただ、お米ベースなので食べられないことはないだろうと決意し、注文。

ビリヤニは2種類あります。

今回は、「チキンビリヤニプレート」をチョイス。

サイズはMサイズを注文したので、1,100円です。

お米の中に骨付きのチキンが2つ隠れています。

お米と一緒にナッツ、玉ねぎ、パクチーと散りばめられておりパサついたお米となんだか合いますね。

なんだろう、初めての食味。

プレートには、カレーとライタというヨーグルトが添えられています。

ビリヤニの味に飽きたらカレーをかけて食べたり、箸休めにライタを頂いたりと飽きさせない構成かと思います。

こちらがカレー。

エリックチキンカレーです。

ピリッとスパイシーで美味しい。

こちらがライタという塩ヨーグルト。

塩ヨーグルトというのでデザート感覚かなと思いきや、私にはちょっと苦手な味付けでした。

まとめ

初めて食べた「ビリヤニ」。

とても気に入りました。

お店によっては癖のあるビリヤニがあるそうですが、こちらエリックサウスは日本人に合うように作られているのかもしれません。

他の方のブログを見てみると結構ファンがいるみたいなので、「ビリヤニ」も有名な料理なんですね。

まだまだ知らない世界がありそうです。

今回の「ビリヤニ」、非常に満足でした。

ごちそうさまでした。

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-グルメ
-,

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.