自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

おすすめ記事

資産運用

米国株を運用するならおすすめのネット証券会社3社

米国株を運用するにあたり利用できるネット証券会社のご紹介です。
SBI証券、楽天証券、マネックス証券のおすすめポイントをまとめています。

続きを読む

子育て

夫の立ち会い出産 生まれる瞬間は感動

突然ですが、我が子が誕生しました。 そして、とうとう父になることなりました。 妻が妊娠してから出産するまでの間、準備をしてきましたが、イメージしてきたものと実体験は全く違いますね。 色々と情報を集めて準備してきましたが、なかなか準備どおりにいかないもので。 準備どおりにはいかないことは分かっていましたが、事前に情報を得ていたので多少想定と違っても対処できたと思います。 ただ、妻も赤ちゃんも無事に元気で良かったです。 想定とは異なっていたこと、まとめておきたいと思います。 1.破水から始まった 友達から外出 ...

続きを読む

クレジットカード ライフスタイル

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードを泣く泣く解約

かなりお世話になった、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード。 趣味だったホテル宿泊でよく使用させていただきました。 子どもが生まれるため今後使用する機会が減るカードの整理として、まずヒルトン・オナーズVISAゴールドカードを解約しました。 ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードのメリット、デメリットを振り返りながら、解約の方法を記事にしたいと思います。 ヒルトン・オナーズVISAカード ヒルトン・オナーズVISAカードは、クラッシックカードとゴールドカードがあります。 カード名 年会費 クラシック ...

続きを読む

ライフスタイル

FP2級に独学で合格するための勉強法とおすすめテキスト

FP2級(2級ファイナンシャルプランナー技能士)を独学で合格しました。FP2級合格のための独学勉強法や教材をご紹介します。
私はFP3級からの合格者なので、FP2級を最短で合格するにはAFPからを所得してから受けるという方法もあります。
FP2級はFP3級の試験と違ってそれなりの勉強時間を確保する必要があります。
ぜひ、ご参考にしてください。

続きを読む

グルメ レストラン

八丁堀で人気のビストロ 「レトノ(Les TONNEAUX)」

やっと行けました。 八丁堀で大人気のビストロ 「レトノ(Les TONNEAUX)」 こちら大人気でなかなか予約が取れないんですよね。 運良く、土曜日に予約が取れましたので、早速訪問してきました。 妻は妊娠中、私はあまりお酒が飲めないたちですが、料理も美味しいと有名です。 以前は酒屋さんを営んでいたというお店なだけ、ワインにはものすごく定評があります。 ドイツワインに力を入れているみたいですね。 ワインバルといえば、八丁堀には酒屋さんを併設した「マル」も有名です。 八丁堀近辺は、そのようなお店が有名のよう ...

続きを読む

資産運用

米国株初心者におすすめS&P500連動のETF

投稿日:2018年6月27日 更新日:

f:id:muu-fa:20180612232225j:plain

「S&P500(Standard & Poor's 500 Stock Index)」はアメリカを代表するインデックス指標です。

ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出されています。

米国株初心者は何を選べば良いか迷うことが多いと思います。

私もどれを選べばいいのか、本当に悩みました。

アメリカ株は優秀な企業が多いので、なかなか絞り込めないのですよね。

そこで登場するのが、代表的な500銘柄の株価を指標とする、S&P500に連動するETFです。

アメリカ株を運用するのであれば、S&P500の指標を目安に購入する人が多いです。

個別株で運用している人もなかなかS&P500の指標を超えられない人が多いと思います。

本当に優秀な指標なので、初心者にはうってつけのETFだと思いますのでご紹介します。

スポンサーリンク
SPONSORED LINK

米国市場で購入できるS&P500ETF

国内で購入できる米国市場で取引できるS&P500のETFは以下の3本です。

  • SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)
  • バンガード S&P 500 ETF(VOO)
  • iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)

どれも同じような動きをするので、どれを買っても同じなのですが微妙に経費率が異なります。

比べるとどれを購入すればよいのかがわかってきますよ。

SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)

SPYはステート・ストリートが提供するS&P500ETFです。

設定日は1993年。

一番歴史のあるETFです。

純資産総額は、262,441.3百万米ドル。

日本円換算で、約29兆円。

純資産総額はすごいとしか言いようがありません。

バンガード S&P 500 ETF(VOO)

こちらはバンガード社提供しているETF。

設定日は、2010年と3本の中では一番新しいです。

純資産総額は、90,377.7百万米ドル。

日本円換算で、約10兆円。

人気のあるETFです。

iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)

最後のETFは、ブラックロック社が提供しています。

設定日は、2000年。

純資産総額は、151,616.5百万米ドル。

日本円換算で、17兆円。

アメリカ市場は日本と規模が違いますね。

3本のチャート

同じS&P500に連動するETFなので、チャートは同じになるのですが、載せておきます。

すべて10年の期間としています。

SPY

f:id:muu-fa:20180624233943p:plain

VOO

f:id:muu-fa:20180624234006p:plain

IVV

f:id:muu-fa:20180624234034p:plain

3本の比較

SPY
VOO
IVV
提供会社 ステート・ストリート バンガード ブラックロック
設定日 1993年 2010年 2000年
純資産総額 29兆円 10兆円 17兆円
分配利回り 1.79% 1.75% 1.76%
経費率 0.09% 0.04% 0.04%

まとめ

3本の比較で分かるように、SPYは純資産総額が大きいですが経費率が他と比べて高いです。

2倍以上となっているので、米国株でS&P500のETFを購入するのであれば、VOOかIVVを選択するのが賢明です。

VOO、IVVであればどちらを選んでも問題ないと思います。

初心者で悩んでいる方がおられましたら、まずはどちらかを購入してみてはいかがでしょうか。

10年間のチャート見ても綺麗な右肩上がりできています。

今後も米国経済は成長し続けることを念頭に右肩上がりのチャートを描くと信じてみるのもありかと思います。

ご参考になれば。

参考になったと思った方は下をクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

よく分からんという方はクリックをお願いします。


サラリーマン投資家ランキング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-資産運用

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.