お金のこと

アメックスプラチナの旅行保険はトップクラスの補償でしっかり旅をサポート

アメックスプラチナは年会費が高額だけあって、クレジットカードの特典が充実しています。

クレジットカードは、旅行保険の付帯サービスがついていることが多いかと思います。

アメックスプラチナにも旅行保険が付帯し、しかも年会費に見合った補償を受けることができます。

旅行に行くことが多い方には、おすすめのクレジットカードと言えるかと思います。

アメックスプラチナの旅行保険がどのくらいすごいのか、たっぷりご紹介します。

こんな方におすすめ

・アメックスプラチナの旅行保険の内容を知りたい

・アメックスプラチナに興味がある

・旅行保険が充実したクレジットカードを探している

SPONSORED LINK

アメックスプラチナの旅行保険はトップクラスの補償内容

結論から言うと、アメックスプラチナの旅行保険は他のクレジットカードと比べても、トップクラスの補償内容を誇っています。

海外旅行保険、国内旅行保険も充実した補償内容ですし、海外旅行に行った際に気になる「傷害治療費用」、「疾病治療費用」は、1,000万円を補償する内容となっています。

海外での治療費は健康保険がきかず高額となりますので、一番気になる部分かと思います。

アメックスプラチナの旅行保険は、自動付帯部分と利用付帯部分で分かれていますが、海外旅行保険の治療費用については、自動付帯で補償されます。

また、家族カード、家族特約についても、治療費用は本会員と同額となっていますので、アメックスプラチナを持っていれば海外旅行は安心できるクレジットカードとなっていますね。

私が推すコスパが良く旅行保険の補償が充実している「JCBプラチナ」ですが、2023年4月より自動付帯から利用付帯に変更になりますので、アメックスプラチナの旅行保険の魅力が増すようになりました。

JCBプラチナ2023年4月から旅行保険の適用条件が自動付帯から利用付帯へ変更

JCBプラチナカードからカード付帯保険適用条件の変更の連絡がありました。 JCBプラチナカードは他のカードと違って海外旅行保険、国内旅行保険がカード決済しなくてもカードを持っているだけで保険が適用され ...

続きを見る

アメックスプラチナの旅行保険内容

アメックスプラチナの旅行保険ですが、他のカードと同様に基本的な保険が付帯しています。

アメプラ保険内容(海外旅行)

・傷害死亡保険金

・傷害後遺障害保険金

・傷害治療費用保険金

・疾病治療費用保険金

・賠償責任保険金

・救援者費用保険金

・携行品損害保険金

・乗継遅延費用

・出航遅延/欠航/搭乗不能費用

・受託手荷物遅延費用

・受託手荷物紛失費用

アメプラ保険内容(国内旅行)

・傷害死亡保険金

・傷害後遺障害保険金

・入院保険金日額

・通院保険金日額

・手術保険金

旅行保険の内容だけを確認するだけでもたくさんありますよね。

でも、これらの旅行保険は、他のクレジットカードも同じ内容で付帯されていることがほとんどです。

アメックスプラチナは、旅行保険の補償内容が他のカードと比べてトップクラスと言えます。

アメックスプラチナの旅行保険補償内容

アメックスプラチナの旅行保険の補償内容を確認してきましょう。

まずは、海外旅行傷害保険です。

保険種類 基本カード会員 基本カード会員家族 家族カード会員 家族カード会員家族
海外旅行傷害保険 自動付帯(+利用付帯) 自動付帯 利用付帯 利用付帯
傷害死亡/傷害後遺障害 5,000万円(+5,000万円) 1,000万円 1億円  1,000万円
傷害治療費用 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
疾病治療費用 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
賠償責任 5,000万円 5,000万円 5,000万円 5,000万円
救援者費用 1,000万円 1,000万円 1,000万円 1,000万円
携行品損害 100万円 100万円 100万円 100万円
乗継遅延/出航遅延/欠航/搭乗不能費用 1回につき最高3万円 1回につき最高3万円
受託手荷物遅延費用 1回につき最高3万円 1回につき最高3万円
受託手荷物紛失費用 1回につき最高6万円 1回につき最高6万円

基本カード会員は、自動付帯で上記の補償を受けられます。

自動付帯というのはアメックスプラチナカードで旅行の決済を行わなくても補償される保険です。

基本的には自動付帯で、傷害・疾病治療費用が「1,000万円」まで補償されますので、海外旅行に行く際は非常に安心できますね。

基本カード会員の家族も自動付帯で死亡・後遺障害、飛行機搭乗の際の保険以外は基本カード会員と同条件の補償が受けられます。

家族で海外旅行に行く際もものすごく安心ですね。

家族カード会員は利用付帯となりますが、補償額は基本カード会員と同等となります。

かなり手厚い補償ということが分かると思います。

続いて国内旅行傷害保険を見ていきましょう。

保険種類 基本カード会員 基本カード会員家族 家族カード会員 家族カード会員家族
国内旅行傷害保険 利用付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯
傷害死亡/傷害後遺障害 1億円 1,000万円 1億円 1,000万円
入院保険金日額 5,000円 5,000円 5,000円 5,000円
手術保険金 最高20万円 最高20万円 最高20万円 最高20万円
通院保険金日額 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円

国内旅行の傷害保険については、利用付帯が条件となります。

基本カード会員から家族カード会員、家族特約まで、すべて同じ条件となっています。

日本国内であれば医療費は保険制度がききますので、そんなに高額になることはありませんが、クレジットカードから保険がおりるのであれば助かりますよね。

基本カード会員の海外旅行傷害保険は自動付帯

アメックスプラチナの旅行保険の1番の魅力は、海外旅行傷害保険は自動付帯で適用されることです。

自動付帯で手厚い補償が付くという保険は、少なくなってきています。

しかも、傷害治療・疾病治療は1,000万円まで補償してくれます。

自動付帯で治療が1,000万円というのは、そうそうないと思います。

基本カード会員だけではなく、基本カード会員の家族にも治療費用は自動付帯で1,000万円です。

このカード1枚持っていれば、海外の家族旅行は安心ですよね。

家族カード会員も基本カード会員の家族扱いになる

家族カード会員は海外旅行する際は、カードで決済しないと保険が適用されません。

いわゆる利用付帯ですね。

しかし、家族カード会員が基本カード会員の家族であれば、基本カード会員の家族特約として保険が適用されます。

そのため、家族カード会員がカード決済していなくても海外旅行に行く際は、基本カード会員の家族として自動付帯分の保険が適用されることになります。

家族カード会員も基本カード会員の家族ということが大半だと思いますので、死亡補償は1,000万円となりますが、他は同等の補償が受けることができます。

アメックスプラチナの旅行保険まとめ

いかがでしたでしょうか。

アメックスプラチナの旅行保険は、手厚い補償だということが分かっていただけたと思います。

アメプラ旅行保険の凄いところ

・基本カード会員は自動付帯で補償される(海外旅行)

・傷害治療・疾病治療が1,000万円補償

・基本カード会員の家族も死亡補償以外は同等の補償がされる

・すべての補償が手厚い

アメプラ旅行保険が残念なところ

・海外旅行保険の死亡補償は一部利用付帯となる。

・国内旅行は利用付帯となる

・家族カード会員は、自動付帯の補償はない

アメックスプラチナを持っていれば、安心して海外旅行に行けますね。

旅行保険だけではなく、他にも魅力たっぷりのクレジットカードです。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

子供と遊べる東京屋内施設「図鑑ミュージアム銀座」は大人も一緒に楽しめる!所要時間は約1時間

東急プラザ銀座にある「ずかんミュージアム」に行ってきました。 銀座という場所柄、大人の街の印象が強いので、あまり子供が遊べる場所がないのですよね。 子供と一緒に銀座に遊びに行ったのであれば、子供が遊べ ...

続きを見る

アメックスプラチナにプリンスホテルがホテルメンバーシップとして追加

プリンスホテルの上級資格会員がアメックスプラチナのホテル・メンバーシップとして2022年夏に追加されると発表がありましたが、とうとう登録開始が始まりました。 プリンスホテルは日本に55軒、海外に31軒 ...

続きを見る

【子連れ宿泊記】夏のニセコリッツカールトンをアメプラFHRで過ごす!宿泊ブログレビュー

我が家は9月に入ってから夏休み。 と言っても、金曜日だけ休んで2泊3日の強行スケジュールで北海道まで行ってきました。 本当はもっと休みたかったのですが、なかなか休みが取れず。 北海道旅行でも、アメック ...

続きを見る

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-お金のこと
-,