自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

グルメ

「銀座千疋屋 築地店」フルーツ専門店のおすすめのケーキ

投稿日:2018年4月11日 更新日:

用事があり土曜日に家族で築地に行ってきました。

その帰りにフラフラと散策していると美味しそうなスイーツ屋さんを発見。

スイーツには目がない我が家は、迷いもなくお店の中に吸い込まれました。。。

本日ご紹介するスイーツは、銀座千疋屋築地店のスイーツとなります。

SPONSORED LINK

銀座千疋屋

まずは、お店のご紹介を。

銀座千疋屋は、1894年(明治27年)に株式会社千疋屋総本店からのれん分けを受け創業しました。

創業120年以上を誇る老舗フルーツ店です。

千疋屋総本店からは、銀座と京橋がのれん分けされているようですね。

高級フルーツを扱うフルーツ店です。

銀座千疋屋は直営店としては、銀座本店、新宿店、築地店の3店舗とのことです。

築地店は、スイーツショップ(パティスリー)専門店ですね。

フルーツ単体での取扱は行っていません。

築地店を簡単にご紹介すると、2016年オープン。

ケーキなどのスイーツの他に、ショコラを販売しています。

ショコラは、チョコレートの展示会で高評価を得ているようです。

最近チョコレートは食べていないな。。。

魅惑のケーキ

それでは購入したケーキのご紹介です。

銀座千疋屋築地店は店内で食べられるスペースはありませんので、テイクアウトのみの販売となります。

アップルパイ

まず最初はアップルパイです。

お値段は、540円。

パイに包まれている赤いきれいなリンゴが美味しそうです。

ショーケースに並んでいる時点で、美味しそうに見えました。

さすがフルーツ店、リンゴがサクッとした感触も楽しめ、果汁も味わえる美味しいアップルパイでした。

築地ロール

続いて築地ロールです。

お値段は378円です。

フルーツが入っていないため値段は安めです。

ただ、フルーツ専門店でフルーツの入っていないケーキを食べるのもどうなのかと買ってから気になりました。

築地でロールケーキを売るときは「築地」とつけて良いのですかね。

近くの月島のケーキ屋さんにも確か「月島ロール」というロールケーキがありました。

命名はさておきロールケーキですが、生クリームもそんなに甘くなくサクッといただけきました。

ロールケーキはシンプルで良いですね。

スポンジと生クリームだけでの勝負。

自身がないとなかなか出せませんよね。

美味しかったです。

バナナシャンティ

3つめは、「バナナシャンティ」です。

お値段は、540円です。

イチゴのショートケーキが食べたかったんですが、バナナも美味しそうということでこちら「バナナシャンティ」にしました。

上にはイチゴも乗っていて、イチゴ、バナナ、生クリームと美味しいに決まっています。

さすがフルーツ店ですね。

バナナも非常に上品に感じました。

まとめ

本当は、「イチゴのショートケーキ」を食べたかったのですが、お値段が1,080円と倍に跳ね上がります。

他のケーキと比べると大きさもあるのですが、1,000円を超える値段を見ると手が出せませんでした。

イチゴのショートケーキはHPみると冬季限定だったようです。

買っておけばよかったかな。

少し後悔しましたが、次回の楽しみとしてとっておきたいと思います。

銀座本店には行ったことないのですが、聞くところによると立派なお店のようです。

それと比べると築地店はこじんまりしていて本当に銀座千疋屋?と思われるみたいです。

今度は本店にも伺ってみたいですね。

ごちそうさまでした。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-グルメ
-,

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.