お出かけ

子連れで楽しむ夏のニセコHANAZONOリゾート!アクティビティが豊富で家族で楽しめる!

2022年の北海道旅行。

2泊目は「パークハイアットニセコ」に宿泊して、ホテル自体はかなり満足度高かったのですが、周りに子供が遊ぶところがあるのか不安でした。

車で移動しても良いけど、最終日なのでやはり近場の自然で目一杯遊ばせたいですよね。

パークハイアットニセコの近くに、ニセコHANAZONOリゾート「Hanazono308」という施設があり、ここでアクティビティーを受け付けているようです。

ニセコHANAZONOリゾート「Hanazono308」はパークハイアットニセコのホテルからも見えるところにあり、歩いて行けます。

パークハイアットニセコに宿泊の際は、ぜひ足を運んでみてください。

こんな方におすすめ

・夏のニセコで子供の遊び場を探している

・パークハイアットニセコの近くで遊びたい

・夏のニセコを満喫したい

SPONSORED LINK

ニセコHANAZONOリゾートへのアクセス

ニセコHANAZONOリゾートへのアクセスですが、パークハイアットニセコHANAZONOを目指すと分かりやすいです。

なんたって目の前ですから。

千歳空港から車で150分、札幌から車で120分かかりますので、時間には余裕を持って行動したほうが良いです。

また、ニセコという場所柄、観光地も広大に点在していますので、車での移動がおすすめですね。

レンタカーを借りて、気ままに行動するのが一番良いかもしれません。

ニセコHANAZONOリゾートのアクティビティ

夏のニセコHANAZONOリゾートで遊べるアクティビティですが、山、森、川、海とさまざまな場所で遊べるアクティビティを用意されています。

山で遊ぶ

・MOUNTAIN LIGHTS

・HANAZONO ZIP WORLD

森で遊ぶ

・ツリートレッキング

・ツリーウォーク

・ハイキングツアー

・乗馬体験ツアー

海で遊ぶ

・オーシャンフィッシングツアー

・シーカヤックツアー

川で遊ぶ

・ラフティング

・ダッキー

・キャニオニング

・リバーフィッシングツアー

乗り物で遊ぶ

・ゴルフカートツアー

・サイクリングツアー

・レンタルバイク

・サマーゴンドラ

キッズ向けの遊び

・屋内キッズアドベンチャー

・キッズラフティング

・キッズキャンプ

こちらで遊ぶ最大に目玉は、ジップラインでしょうね。

2022年7月誕生ということで、できたばかりのジップラインでした。

年齢制限、身長制限があり、子連れの我が家は遊べませんでしたが、子供が大きくなったらぜひ試してみたいですね。

ジップラインはものすごく気持ちよさそうでした。

ニセコHANAZONOリゾートで子供と一緒に遊べるアクティビティ

4歳児の我が子が遊べるアクティビティは、かなり限られていて遊べるものがほとんどないというのが現状でした。

ということ、散策して緑を楽しむということぐらいしかなかったかなという印象です。

時期が合えば、キッズラフティングという楽しめそうなアクティビティがあったのですが、夏休み期間しかやっておらず、我が家が訪れたときにはもう終了していました。

そんな状況ですが自然を楽しめましたので、我が家が訪れたところをご紹介します。

まず、訪れたのは屋内施設の「ギャラクシー・オブ・キッズ」。

こちらは、未就学児から中学生くらいまでが遊べる施設となっています。

こちらは、小学生、中学生が遊べる、クライミング&アスレチックゾーン。

1人、2,000円で遊ぶことができます。

我が子4歳児のため、遊べず。。。

こちらは、2歳〜未就学児が遊べる、「ボールプール」。

1人、1,000円で遊べます。

我が子はここで遊べるのですが、はっきり言ってこれだけのために1,000円払って遊ぶのは。。。

狭いし、すぐ飽きてしまいますね。

続いて、外に出て森の中に入っていきます。

森の入り口では、「ツリートレッキング」が遊べるところがあります。

「ツリートレッキング」は、小学生以上、大人 4,500円、小人 3,800円。

約3〜4時間遊べるらしいので、小学生以上のお子さんがいる家庭は楽しめそうですね。

ツリートレックングで遊んでいる方達を上に見上げながら、森の中を進んでいきます。

道なりに登っていくと、無料で楽しめる「ツリーウォーク」にたどり着きます。

ここまで着くのにそんな距離はないのですが、結構な坂道なので、いい運動になりました。

森の中にありますので、トンボや蝶なども飛んでいて、自然を満喫できます。

「ツリーウォーク」は、吊り橋を渡っていく形で、1周5分ぐらいで回れます。

小さなお子さんがいる家庭には、適度に橋が揺れますので、ワーワー言いながら楽しむことができますよ。

「ツリーウォーク」の途中では、羊蹄山も見ることもでき、清々しい気分になれます。

ニセコHANAZONOリゾートまとめ

いかがでしたでしょうか。

未就学児と一緒の場合は、遊ぶ場所が限られてしまいますが、周りを散歩するだけでも自然を満喫できます。

小学生以上になれば、遊ぶ場所が一気に広がるので、子供が大きくなったらまた遊びに期待ですね。

ホテルは「パークハイアットニセコHANAZONO」が目の前にありますので、遊んだ後はホテルでゆっくり温泉などを楽しむのも良さそうです。

レストランも充実していますからね。

2022年、夏のニセコ旅行も良い思い出ができました。

【子連れ宿泊記】夏のニセコリッツカールトンをアメプラFHRで過ごす!宿泊ブログレビュー

我が家は9月に入ってから夏休み。 と言っても、金曜日だけ休んで2泊3日の強行スケジュールで北海道まで行ってきました。 本当はもっと休みたかったのですが、なかなか休みが取れず。 北海道旅行でも、アメック ...

続きを見る

【子連れ宿泊記】夏のパークハイアットニセコをアメプラFHRで過ごす!宿泊ブログレビュー

我が家の2022年夏休み。 9月初旬ですが、2日目もニセコで過ごします。 夏の北海道といってももう9月なので、ニセコの朝晩は結構冷え込みます。 15℃くらいになるので、朝晩外に出る時は寒さ対策も必要で ...

続きを見る

子連れに人気!パークハイアットニセコ「ザ・ラウンジ」の満足ディナー

北海道旅行の2日目。 「パークハイアットニセコHANAZONO」に宿泊したのですが、こちらのホテルはレストランも豊富で食事には困りませんでした。 小さい子供がいても安心して利用できます。 パークハイア ...

続きを見る

夏のニセコでおすすめしたい子供の遊び場!ニセコビレッジ「ピュア」と高橋牧場

夏のニセコリッツカールトンの近隣施設は、子連れにおすすめの施設がありますよ。 しかも、すぐ近くにあるので、子連れ旅行には大変助かります。 今回我が家が行ったのは、「自然体験グランドピュア」と「ニセコ髙 ...

続きを見る

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-お出かけ