お出かけ

【子連れ宿泊記】アメプラFHRでリッツカールトン大阪へ!宿泊ブログレビュー

今回のホテル宿泊レビューは「リッツカールトン大阪」の子連れ宿泊記となります。

前日はアメックスのイベントで、USJを満喫。

USJにて遊んだ日の夜は、「リーベルホテルアットUSJ」にお世話になりました。

その時の宿泊レビューはこちらからどうぞ。

【子連れ宿泊記】アメックスイベントで利用したリーベルホテルアットUSJ!宿泊ブログレビュー

久しぶりのホテル宿泊レビューです。 今回は「リーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」です。 USJで行われたアメックスイベント後の宿泊先として利用させていただきました。 こちらのホテ ...

続きを見る

リーベルホテルからは、フェリーに乗って天保山へ。

海遊館で子供と水族館を楽しんだあとは、またフェリーでホテルに戻って荷物もとって、「リッツカールトン大阪」へ移動しました。

せっかく大阪に来たのですから、FHR特典を楽しみたいですよね。

もちろんFHRで泊まれるホテルを探して、宿泊してきました。

今回は、アメックスプラチナのコンシェルジュにお願いして、駅から近めのホテルを探してもらい、こちら「リッツカールトン大阪」を紹介いただきました。

こんな方におすすめ

・大阪・梅田駅の近くで高級ホテルを探している

・リッツカールトン大阪に宿泊してみたい

・アメックスプラチナのFHR特典が気になる。

SPONSORED LINK

リッツカールトン大阪の宿泊プラン(FHR)

今回の宿泊プランですが、アメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)を利用しています。

最近はホテルの宿泊料金が高くなっているのが気になっています。

お得感が全く感じられないのは私だけでしょうか。

観光客も多くなってきたので、仕方ないのですが。。。

FHRの特典をおさらいしておきます。

FHR特典

1.12時からのアーリーチェックイン(空き状況による)

2.お部屋のアップグレード(空室状況による)

3.2名分の朝食サービス

4.100米ドル分のホテルクレジット

5.無料のWi-Fi

6.16時までのチェックアウト(確約)

今回の宿泊プランは以下の通りとなっています。

宿泊プラン

・2022年12月10日(土)〜12月11日(日) 1泊2日

・プラン名 : FHR

・お部屋タイプ : スーペリアキング(43平米)

・宿泊料金 : 99,936円(大人2名+5歳児)

上記画像の一番上のプランとなります。

1泊10万円となります。

さすがリッツカールトンと言いたいところですが、どこもホテルは高騰していてどこも同じような価格帯になっています。

今回もお部屋をアップグレードしていただき、最上階のお部屋を用意していただけました。

上記画像の一番下のお部屋ですね。

一休は、タイムセールで15%オフ価格が出ていました。

それでも高いですね。

公式サイトでも同じような価格帯となっています。

FHRが高いのではなくて、ホテル全体的に高くなっています。

これからもこのような価格帯が続くと、宿泊しずらいな。。。

リッツカールトン大阪までのアクセス

リッツカールトン大阪までのアクセスをご紹介します。

リッツカールトン大阪の最寄駅は、「大阪」駅です。

徒歩7分でホテルに着きますので、近いですよね。

地下からもアクセスできるので、雨が降っていても濡れずにホテルへ到着できます。

我が家は大阪駅から地下道でホテルを目指しましたが、至る所位案内板がありますので初めての大阪でも迷わずにホテルへいくことができました。

地下道も広々しているので、大きな荷物があっても問題なしです。

またしても案内板。

本当に分かりやすい。

しかも一本道なのでほとんど迷いませんでした。

リッツカールトン大阪がのビルに着いたようです。

ちょっと変わったモニュメントを横目に見ながら直進していきます。

ありました。こちらですね。

こちらから、エレベータで1階ロビーに行けます。

外からの写真の方が、リッツカールトン大阪の趣がありますよね。

外からも写真を撮っておきました。

リッツカールトンのレセプション

リッツカールトンのレセプションですが、1Fとなります。

地下から行くとちょっと分かりにくいですが、1Fの外の入り口から入っていくと分かりやすいですね。

12月ということで、クリスマスの飾りが綺麗でした。

FHR特典の「アーリーチェックイン」を利用できれば良かったのですが、天保山で遊んでからホテルへ向かったため、ちょうどチェックイン時間と重なってしまい、大混雑。

土曜日ということもあって、さらに激混みという感じでした。

チェックインするのに、1時間近く並ぶ羽目になってしまったため、その間はリッツカールトン大阪のクリスマス飾りを楽しむことに。

リッツカールトン大阪自体がシックでヨーロピアンテイストなので、他のホテルと違った印象がありますね。

クリスマスの飾りも派手というよりかはホテルにあった感じで重厚さを感じました。

ロビーにあったクリスマスツリー。

みなさんこちらで記念写真を撮っていました。

スタッフの方も忙しい中、積極的に写真を撮ってくださるので、嬉しいですね。

暖炉までありました。

ちゃんと火を灯しています。

美術館みたいなリッツカールトン大阪のコレクションを楽しみながら、チェックインが終わるのを待っていました。

さすがに子供はつまらないらしく、ソファーでぐったりとしていました。

リッツカールトン大阪のお部屋

今回のお部屋は、最上階の3711号室。

スーペリアキングからアップグレードしていただき、最上階のスカビューのお部屋となります。

ちょっと変わった形をしており、レイアウトは上記の通りとなります。

ドアを開けると、正面にミニバーがあります。

そして、右側の扉がベッドルーム。

左側の扉が、水回りとなっていました。

いわゆる縦長のレイアウトではなく、趣向を凝らしたレイアウトなんですかね。

ちょっと変わったレイアウト、私は好きです。

リッツカールトン大阪のウェルカムギフト

リッツカールトン大阪のウェルカムギフトを紹介します。

季節のフルーツやチョコレートなどをいただきました。

ウェルカムギフト

・季節のフルーツ(いちご)

・チョコレート

・金平糖

・オレオ

・マカロン

・焼き菓子

色々といただき、いつも感謝しています。

ターンダウン後には、チョコレートとピローミストをいただきました。

リッツカールトン大阪のキングベッド

今回もキングベッドを指定して宿泊をさせていただきました。

キングベッドの大きさとしては普通ですね。

5歳児と一緒に寝るので、だんだん3人で寝るのは厳しくなってきました。。。

一応、ソファーはこの1台のみ。

1人しか座れませんが、オットマンもあって快適です。

冬は加湿器必須ですよね。

ベッドの上にも、絵画があります。

左側のベッドサイド。

電話とメモ帳があります。

Bluetoothで接続できるスピーカーもありました。

ライトやカーテンなどのコントロールパネルも、ベッドサイドについています。

右側のサイドベッドには目覚まし時計がありました。

リッツカールトン大阪のデスク

デスク周りですが、結構スッキリしています。

デスクは窓側に配置され、椅子は2脚ありました。

デスクの引き出しには、ちょっとした文房具も備わっています。

引き出しの横には、電源やUSBの電源供給など。

使い勝手は良いですね。

マスクは3枚。

子供用のマスクも用意していただけました。

あとは、ハンドジェル。

リッツカールトン大阪のルームカードキー。

木でできていてオシャレですね。

あまり見ませんでしたが、テレビはベッドの真正面に設置されています。

リッツカールトン大阪のミニバー

続いて、ミニバーの紹介です。

棚の上には、ネスプレッソ、デロンギの電気ケトルが置いてあります。

ネスプレッソのカプセルは、デカフェを含めて3種類。

リッツカールトンのミネラルウォーターがあります。

こちらは無料です。

引き出しの中は、お菓子とアルコール類。

冷蔵庫の中はこのようなラインナップとなっています。

リッツカールトン大阪のクローゼット

クローゼットは、入り口入って左側の壁側に設置されています。

ナイトウェアもこちらで用意されていました。

子供用のナイトウェアもあります。

左側にセキュリティーボックス。

下の引き出しは、スリッパなどが入っています。

棚の一番上の引き出しは、ラウンドリーバッグ。

一番下にスリッパ。

子供用のスリッパも用意してくれました。

リッツカールトン大阪の水回り

最後に水回りを紹介します。

水回りは、入り口入って左側の扉にあります。

トイレ、シャワー室、洗面台、湯船がまとめられています。

入ってすぐ左が、シャワーブース。

シャンプーやボディーソープはポンプ式。

シャワー室と並んで奥側はトイレとなっています。

ダブルシンクで使いやすいですね。

子供用に踏み台も用意していただきました。

リッツカールトン大阪では、バスソルトが3種類用意してありました。

どれも色鮮やかで、見た目にも綺麗です。

石鹸とボディーミルク。

アメニティー類は引き出しの中。

子供用の歯ブラシもこちらにありました。

ドライヤーも引き出しの中。

ドライヤーは風量もあり快適。

メーカーはテスコム。

湯船はこちら。

シャワーカーテンで仕切ることができます。

タオルも豊富に用意いただきました。

バスローブもあります。

子供用のバスローブはありません。

リッツカールトン大阪のスカビュー

リッツカールトン大阪のスカビューです。

最上階ということで、遠くまで見渡せます。

大阪の位置など詳しくないので、どの方面を向いているのか分かりません。

こちらも高いビルが並んでいますね。

夜のライトアップ。

リッツカールトン大阪での夕食

夕食はせっかくなので、リッツカールトン大阪のレストランでいただきました。

いくつかレストランがあるのですが、子供いるということでイタリア料理の「スプレンディード」でいただきました。

キッズメニューもあり、好印象です。

こちらキッズプレートです。

ハンバーグが肉の塊でゴツゴツしてて、子供はイメージと違ってあまり食べませんでしたが、私は美味しかったですね。

大人はアラカルトで。

最初はサラダ「ロメインレタス チキン ポーチドエッグ クルトン シーザードレッシング ベーコン」。

パスタは「リガトーニボロネーゼ グラナパダーノ」。

メインは「なにわ黒牛サーロインのグリル バターナッツ タジャスカオリーブのソース」。

どれも美味しかったです。

スプレンディード」では、ピアノの生演奏もあって、優雅に食事ができました。

ただし、小さな子供がいると、子供がすぐ飽きてしまい食事に集中できないんですよね。

まだ、レストランでの食事は早すぎなのかもしれませんね。

リッツカールトン大阪の朝食

続いて、翌朝のリッツカールトン大阪の朝食です。

朝食会場は、夕食と同じ「スプレンディード」です。

朝食はブッフェ形式で、自分で好きなものをいただけます。

朝もピアノの生演奏があります。

朝から優雅です。

朝なのにシャンパーンがおいてあります。

フルーツもたくさん。

12月なのにメロンが置いてありました。

チーズやヨーグルト。

和食も置いてあります。

漬物も豊富です。

朝は野菜をたくさんとらないと。

パンも種類が豊富です。

クロワッサンももちろんありますよ。

こちらでうどんを作ってくれます。

もちろん、エッグベネディクトも。

朝から大満足の朝食でした。

リッツカールトン大阪の宿泊レビューまとめ

リッツカールトン大阪の宿泊レビューはいかがでしたでしょうか。

大阪での初FHRは「リッツカールトン大阪」でした。

大阪には他にもFHRがあるので、機会があれば楽しんでみたいですね。

では、FHR特典結果をおさらいしておきます。

FHR特典結果

1.12時からのアーリーチェックイン → 移動に時間がかかり利用できず

2.お部屋のアップグレード → 〇 最上階のスカイビューにアップグレード

3.2名分の朝食サービス → 〇

4.100米ドル分のホテルクレジット → 〇 10,000円分のホテルクレジット

5.無料のWi-Fi → 〇

6.16時までのチェックアウト(確約) → 〇

今回の旅行では、アーリーチェックインをうまく利用できず、一番人が多い時間帯にチェックインしてしまったため、チェックインに1時間も要してしまったのが反省点です。

やはり、アーリーチェックイン、レイトチェックアウトはうまく活用したいですね。

チェックアウト時も、チェックイン時間と重なってしまい、危うく長蛇の列に並ぶ羽目になりそうでした。

しかし、ルームカードキーを渡すだけでホテル側で清算してくれて、その結果をメールで連絡いただくサービスがあるので、助かりました。

あと残念だったところは、部屋のエアコンの調子が悪かったことですね。

エアコンの温度も上げても、なかなか部屋が暖かくならず、子供が風邪を引いてしまいました。

2023年もうまくFHRを活用したいですが、最近のホテル価格高騰をみるとなかなか手を出しずらいですね。

2022年よりは少なくなるかもしれませんが、2023年も楽しんでいきたいと思います。

あなたのホテルライクの参考になれば幸いです。

【子連れ宿泊記】夏のニセコリッツカールトンをアメプラFHRで過ごす!宿泊ブログレビュー

我が家は9月に入ってから夏休み。 と言っても、金曜日だけ休んで2泊3日の強行スケジュールで北海道まで行ってきました。 本当はもっと休みたかったのですが、なかなか休みが取れず。 北海道旅行でも、アメック ...

続きを見る

【子連れ宿泊記】アメプラFHRを利用しての東京エディション虎ノ門宿泊ブログレビュー

4歳児を連れて宿泊した「東京エディション虎ノ門」の子連れ宿泊記です。 東京エディション虎ノ門は、ホテル好きなら誰でも知っている「マリオット」系列のホテルとなっています。 なんと今回初めてマリオット系列 ...

続きを見る

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-お出かけ
-, , ,