お金のこと

JCBプラチナ家族カードの付帯サービス!本会員とほぼ同様のサービスを受けられる!

クレジットカードを持つと追加カードを取得することができます。

追加カードとしては、ETCカードや電子決算専用カード(iDやQUICPayなど)、家族カードなどがありますね。

JCBプラチナもETCカードや家族カードなどを追加で発行することができます。

家族カードは本会員と同等のサービスが利用できると言われますが、実際どこまでサービスが受けられるのでしょうか。

JCBプラチナカードの家族カードについて、どこまでサービスが利用できるのかご紹介しますね。

こんな方におすすめ

・JCBプラチナに興味がある

・JCBプラチナの家族カードについて知りたい

・JCBプラチナの家族カードのサービス範囲を知りたい

SPONSORED LINK

JCBプラチナの家族カード料金

家族カードの発行にあたり、クレジットカードによっては年会費がかかる場合があります。

JCBプラチナで家族カードを発行する場合は以下の通りとなっています。

JCBプラチナ家族カード年会費

・1人目 →  無料

・2人目以降 → 1名3,300円

1名分は無料だけど、2人目からは3,300円の年会費がかかってくるということになります。

夫婦でJCBプラチナを持つには無料で持てますが、子供にも家族カードしてJCBプラチナを持たせたい場合は、追加分の年会費がかかることになりますね。

でも、年会費がかかると言っても2人目3,300円ですが、これでJCBプラチナのサービスを受けられるのであれば、格安ですね。

JCBプラチナの家族カード対象範囲

JCBプラチナの家族カードですが、家族だからと言って誰でも家族カードを持てるわけではありません。

一定の制限がありますので、確認しておきましょう。

JCBプラチナ家族カード対象範囲

・本会員と生計を同一にする配偶者

・本会員と生計を同一にする親

・本会員と生計を同一にする子供(高校生を除く18歳以上)

本会員と生計を同一にすることが必要なため、独立して離れて暮らしている親や子供は家族カードの対象にはなりません。

また、子供については18歳以上が対象ですが、高校生だと家族カードが持てません。

結構厳しい条件なのかこれが当たり前のなのかもしれません。

ちなみにアメックスプラチナは、離れてくれしていても家族カードを発行できたりしますからね。

クレジットカード会社によって、対象範囲が異なりますので確認が必要ですね。

JCBプラチナの家族カードサービス

それでは、基本的なことを押さえましたので、JCBプラチナの家族カードは本会員カードのサービスとどこが違うのかを確認していきたいと思います。

(横スクロールで確認してください)

サービス 本会員 家族会員
会員情報誌「JCB THE PREMIUM」 月1回送付 対象外
海外旅行傷害保険 最高1億円 本会員と同じ
国内旅行傷害保険 最高1億円 本会員と同じ
国内・海外航空機遅延保険 最高4万円 本会員と同じ
ショッピングガード保険(国内/海外) 年間500万円限度 本会員と同じ
空港ラウンジサービス 国内、ハワイホノルルラウンジ無料 本会員と同じ
プライオリティ・パス 無料 対象外
ラウンジ・キー 1回につきUS32ドル 本会員と同じ
JCB Lounge 京都 会員1名につき、同伴者1名まで利用可能 本会員と同じ
グルメ・ベネフィット コースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料 本会員と同じ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン JCBラウンジ 本会員、家族会員合わせて年1回無料 本会員と同じ
JCB GOLD Service Club Off 無料登録可能 本会員と同じ
プラチナ・コンシェルジュデスク 利用可能 本会員と同じ

主要なサービスを比較してみましたが、いかがでしょうか。

会員情報誌は別として、「プライオリティー・パス」以外はほとんど「本会員」同じサービスが受けられることが分かると思います。

JCBプラチナの本会員に付帯する「プライオリティー・パス」は、年会費429米ドルする「プレステージ会員」に無料になることができます。

JCBプラチナの「プレステージ会員」の同伴者は1回2,000円で利用することができます。

さすがにJCBプラチナの年会費以上する金額の「プライオリティー・パス」を家族会員につけるのは割に合いませんよね。

特筆すべきは、旅行傷害保険です。

JCBプラチナは自動付帯ですので、家族会員にも適用されます。

しかも手厚い補償ですので、お守り代わりに家族カードを持っておくというものおすすめです。

JCBプラチナの保険については以下にまとめていますので、気になる方は参考にしてください。

JCBプラチナカードの旅行保険は自動付帯で手厚い補償が魅力!他のカードと比較してみた

2022年3月に取得した「JCBプラチナカード」。 今はまだメインのクレジットカードとして使用していないのですが、三井住友カードゴールドNLのクレカ修行が終わったらJCBプラチナをメインカードしてクレ ...

続きを見る

JCBプラチナの家族カードまとめ

どうでしたでしょうか。

本会員でもコスパのよい「JCBプラチナカード」ですが、本会員とほぼ同じサービスを受けられますので、家族カードも魅力あるカードだと思います。

JCBプラチナ家族カードまとめ

・本会員とほぼ同じサービスを利用できる

・プライオリティー・パスは付帯しない

・家族会員になるには審査不要

・1人目は無料で持てる

家族会員がカードを利用すると請求は本会員にきて本会員が支払いをする、家族会員が利用した明細が分かってしまうというデメリットはありますが、生計を同じくしているのでそこは大きな問題とならないと思います。

収入が少なくても家族カードは持てますので、それでJCBプラチナのサービスできる方がメリットが大きいと思います。

JCBプラチナの家族カードについて気になる方の参考になれば幸いです。

JCBプラチナはディズニー特典も充実!ディズニーファンは持っておきたいカード

JCBカードはディズニー強いと言われています。 JCBカードは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのオフィシャルカードなので、ディズニー関連の特典も充実しています。 それでは、JCBプラチナカー ...

続きを見る

JCBプラチナのポイント還元率はどのくらい?ポイントプログラムを紹介

クレジットカードを取得すると気になる1つが、ポイント還元率ですよね。 貯めたポイントの交換先も気になるのではないでしょうか。 JCBプラチナカードもJCBのポイントプラグラムがあります。 クレジットカ ...

続きを見る

JCBプラチナはコスパよくすごい特典が満載!おすすめのサービスをご紹介

クレジットカードの国際ブランドとしても有名なJCB。 海外では使えない場所はまだありますが、日本の国際ブランドのクレジットカードと言うだけあって、日本国内ではほとんどの場所で利用することができます。 ...

続きを見る

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-お金のこと
-,