お出かけ

【子連れ宿泊記】シャングリ・ラ東京でアメプラFHR特典を満喫!宿泊ブログレビュー

今回のホテル宿泊レビューは、「シャングリ・ラ東京」の子連れ宿泊記となります。

シャングリ・ラ東京」は、私の思い入れのあるホテルとなります。

このブログを始める前にも記念日に宿泊したこともありました。

今回は我が子4歳児を連れての宿泊となります。

シャングリ・ラ東京」は、香港を本拠地にする「シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ」が運営するホテルです。

2022年8月時点では、日本には東京にしかありません。

2025年には京都にも「シャングリ・ラ・ホテル」ブランドとして、新規開業するようです。

こちらも楽しみですね。

今回もアメックスプラチナのFHR特典で宿泊しましたので、特典の内容も含めてご紹介させていただきます。

もう、FHRの虜となっております。

他のFHRでの宿泊記をまだご覧になっていない方は、ぜひ見ていただけると幸いです。

【子連れ宿泊記】アメプラFHRを利用しての東京エディション虎ノ門宿泊ブログレビュー

4歳児を連れて宿泊した「東京エディション虎ノ門」の子連れ宿泊記です。 東京エディション虎ノ門は、ホテル好きなら誰でも知っている「マリオット」系列のホテルとなっています。 なんと今回初めてマリオット系列 ...

続きを見る

【子連れ宿泊記】初FHRで泊まったコンラッド東京の宿泊ブログレビュー

今回は4歳児と行った「コンラッド東京」子連れ宿泊記です。 コンラッド東京は子供が生まれる前に活用させていただいたことがあるので、かなり思い入れのあるホテルの1つとなります。 前はヒルトンVISAゴール ...

続きを見る

こんな方におすすめ

・東京駅近辺でおしゃれなホテルを探している

・シャングリ・ラ東京に宿泊してみたい

・アメックスプラチナのFHR特典が気になる

SPONSORED LINK

シャングリ・ラ東京の宿泊プラン(FHR)

今回の宿泊プランは、例にならってお世話になっているアメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)を利用して宿泊しています。

FHRの特典は以下の通り。

FHR特典

1.12時からのアーリチェックイン(空き状況による)

2.お部屋のアップグレード(空室状況による)

3.2名分の朝食サービス

4.100米ドル分のホテルクレジット

5.無料のWi-Fi

6.16時までのチェックアウト(確約)

最近は、ちょっと早めにチェックインして、チェックイン時の混雑を避けるようにしています。

いつも通り、FHRの特典はフル活用。

アメックスプラチナを取得してからは、次はFHR特典でどこに泊まろうかなと考えてしまうほど、アメックスプラチナの好きな特典となっています。

では、今回の宿泊プランです。

宿泊プラン

・2022年8月11日(木)~8月12日(金) 1泊2日

・プラン名:FHR

・お部屋タイプ:デラックスルーム キングベッド

・宿泊料金:58,590円(大人2名+4歳児)

上記画像の一番上のタイプとなります。

シャングリ・ラ東京では、一番お得なお部屋となります。

FHR3回目の宿泊も、お部屋をアップグレードしていただき、皇居が望めるインペリアルガーデンビューを用意していただけました。

アップブレードは素直に嬉しいですね。

アップブレードによる金額差は約4,000円となります。

ホテル公式サイトだと、会員料金で46,300円。

FHR特典の100米ドルクレジットを差し引くと同じぐらいの値段になりそうですね。

それでも他にFHRの魅力的な特典があるので、FHR特典で宿泊したほうがお得かと思います。

こちらは一休のサイトです。

一休と比べると、FHRの方が金額的にも勝ってますね。

でも、33時間ステイは凄いな。

シャングリ・ラ東京までのアクセス

シャングリ・ラ東京までのアクセスをご紹介します。

シャングリ・ラ東京の最寄り駅は、「東京」駅です。

東京駅に隣接する「トラストタワー」の上層階にホテルがあります。

ホテルの入り口は分かれていますので、迷うことはないかと思います。

こちらから1階のエレベーターホールへ。

東京駅の日本橋口からみたホテルです。

東京駅の隣なので、東京駅を拠点でどこかへ出かけるには良さそうです。

ホテル専用の1階入り口に入ると、消毒と検温を済ませ、エレベーターホールに案内されます。

1階には「ザ・ブティック」というお店があり、手土産を買うこともできます。

シャングリ・ラ東京は一言で言うと煌びやかなホテルという感じです。

ロビー階への直通エレベータの装飾もキラキラしています。

エレベータの中で上を見上げると、大きなシャンデリアが。

キラキラ眩しい。

ちなみにロビー階は28階となります。

シャングリ・ラ東京のレセプション

シャングリラ東京のレセプションは28階です。

エレベータを降りて左側に進むとあります。

同じフロアには、「ザ・ロビーラウンジ」があり、アフタヌーンティーの時間帯で賑わっていました。

通常チェックイン時間は15時からですが、FHRの特典を利用して「アーリーチェックイン」にて早めにチェックインができました。

ちょうど14時ごろのチェックインでした。

チェックインを済ませると、レセプションの両横に通路があり、そちらから奥のエレベータホールへ向かい、客先に移動します。

コロナ禍なのか、部屋までの案内は特にありませんでした。

エレベータホールへ向かうまでの通路もなんか幻想的ですね。

油絵などのアート作品が飾られたりしていました。

客先へ向かうエレベータホールのシャンデリア。

こちらもキラキラしています。

シャンデリアが本当に多いホテルです。

これはこれで非日常感が味わえて良いですね。

シャングリ・ラ東京のお部屋

今回のお部屋は32階の「デラックスインペリアルガーデンビュールーム」です。

デラックスルームからのアップグレードとなります。

ドアを開けて中に入ってみると、重厚感があるお部屋の雰囲気が伝わります。

こちらの部屋は、左側が水回り、右にクローゼット、奥に部屋という間取りとなっています。

お部屋の広さは、50㎡

広さは十分あるお部屋となっています。

こういう広い間取りだと泊まる側は嬉しいですよね。

シャングリ・ラ東京のウェルカムギフト

シャングリ・ラ東京のウェルカムギフトを紹介します。

今回は、誕生日での利用ということもあり、バースデイギフトもいただきました。

ウェルカムギフト

1.季節のフルーツ(デラウェア)

2.どら焼き

3.あげ餅、かりんと

4.チョコ&フィナンシェ(バースデイギフト)

5.スパークリングワイン

こちらがフルーツとどら焼き。

どら焼きは喜田家のどら焼きですね。

どら焼きはボリュームがあって美味しいです。

デラウェアはフルーツ大好きの我が子が一人で食べつくしていました。

恐るべき4歳児。

こちらは「麻布かりんと」と「麻布十番あげもち屋」のあげ餅です。

あげ餅は「だし塩」と「黒糖」の2種類がありました。

こちらはバースデイギフトです。

メッセージ付きです。

ホテルの洋菓子は美味しいですよね。

こちらもちょうどおやつの時間ということもあって、あっという間に食してしまいました。

このほかに「スパークリングワイン」を用意いただいていたのですが、こちらは後程のミニバーのところでご紹介します。

シャングリ・ラ東京のキングベッド

毎回ですが、今回もキングベッドを指定して宿泊しました。

子連れなので子供を真ん中に寝かせてベッドに川の字で寝ています。

本当はホテルでゆっくり休みたいのですが、キングベッドとはいえ3人で寝るのはちょっと狭いですよね。

子供頻繁に寝返り打ちますし。

シャングリ・ラ東京のキングベッドの幅は、193cmです。

他のホテルと比べると幅広のベッドですね。

ベッドの横には大きな鏡が貼られております。

それではベッドサイドを見てみましょう。

左側のすぐ横はバスルームが見える形となります。

こちらはブラインドで隠すことが可能です。

左側のベッドサイドは、照明類のスイッチと、ティッシュ、アクセサリーケースが置かれていました。

引き出しの中はこんな感じ。

革の取っ手がオシャレですね。

照明スイッチのボタンです。

このボタンがこのホテルの不満点。

こちらの思い通りに動作せず、ちょっとイライラが募るスイッチでした。

私の使い方悪かったのか。。。

それでは、右側です。

右側のベッドサイドは、照明のスイッチボタン、窓カーテンのスイッチ、電話、ルームサービスの案内、時計と置かれていました。

引き出しはこんな感じです。

照明スイッチとカーテンスイッチ。

カーテンスイッチは思い通りに動くのですが、照明スイッチがイマイチ(2回目)

シャングリ・ラ東京のソファー

シャングリ・ラ東京のソファーは窓際にピッタリと設置され、流線型の形をしています。

座るにも良いですし、横になるのも最適なソファーでした。

ソファー用のテーブルも小さいですが、用意されています。

ソファーに座って飲食をするということもできますよ。

シャングリ・ラ東京のデスク

シャングリ・ラ東京のデスク周りを紹介します。

デスクにはウェルカムギフトが置かれていたので全体像はそちらを確認いただければと思いますが、こちらではそのデスクの周りピックアップします。

デスクには椅子が2つありますので、デスクを挟んで座ることができます。

椅子は、革張りの座り心地の良い椅子と、反対側にしっかりした背もたれがある椅子があります。

デスクの横に、隠し扉みたいな感じで蓋がされているのですが、そちらを開けると電源類が現れます。

袋の中はLANケーブルとHDIMケーブルでした。

ワーキングデスクとしても利用できますね。

棚にあった箱を開けてみると、文房具セットが。

これは珍しいですね。

他のホテルではあまり見かけないかも。

シャングリ・ラ東京のテレビ

続いてはテレビです。

テレビは49インチの4KスマートTVとなっています。

テレビは可動式でもないので、固定で備え付けられている状態でした。

テレビの周りの棚は特に扉として開くとかはありません。

テレビの下の棚には、Sonyのサウンドバーが設置されていました。

テレビとミニバーの横にはこのようなものをが設置されていました。

シャングリ・ラ東京のミニバー

続いてはミニバーの棚の紹介です。

まずは棚に乗っているものからです。

まずは、お茶セット。

湯飲み茶碗に重厚な急須です。

ティーバッグは煎茶が用意されています。

続いてはミネラルウォーターです。

ここでは2本用意されていましたが、後ほど紹介する洗面台にも2本用意いただいていますので、合計で4本のありました。

シンプルに水と書かれていますね。

面白い。

富山県入善町の天然水とのことです。

そして、ここにウェルカムギフトが。

モンテリーベロのスパークリングワインでした。

お酒あまり詳しくないので、詳細は割愛します。

ホテルで出されるので良い品物なのですかね。

すいません。お酒わかりません。。。

コーヒーメーカーはほとんどネスプレッソですね。

最初、電源ボタンがどこかわからず苦戦しました。

棚の中はこんな感じ。

右側に冷蔵庫。

左側にお菓子やグラス類と言うレイアウトです。

基本的なお菓子とアルコール。

珍しいアルコールが置かれているのかは私には分からず。

こちらはグラス類。

下段にネスプレッソのカプセル5つ(なぜ奇数?)とフレーバーティです。

冷蔵庫の中身はこんな感じです。

上の段は自由に使って良いとの紙が入っていました。

シャングリ・ラ東京のクローゼット

入り口に一番近いところに、クローゼットがあります。

クローゼットを開けると、こんな感じ。

左側に傘、靴べら、ブラシ、ヨガマットがありました。

ヨガマットがあるのは初めてみたな。

続いて真ん中にアイロン、アイロン台、スリッパです。

シャングリ・ラ東京のスリッパはフカフカで気持ち良いです。

厚みもあって履き心地良いですね。

右側にバスローブです。

子供用のバスローブも用意していただきました。

このバスローブはちょっとごわついていましたね。

右側のクローゼットは一番上にセキュリティボックスがあります。

その下の引き出しから開けていみました。

一番上は、クリーニングバッグですね。

2段目はナイトウェア。

子供用もありました。

3段目は浴衣がありました。

浴衣は着ませんでした。

と言うか、存在自体を忘れていたかも。

最後に、靴磨きセットです。

靴磨きはサービスで対応してくれるようです。

だいたいホテルでは靴磨きサービスがあるので、今度革靴できた場合はお願いしてみようかな。

シャングリ・ラ東京の水回り

シャングリ・ラ東京の水回りは、入り口から入って左側にまとまっています。

正面に洗面台、左にトイレ、右にバスルームというレイアウトです。

大きなシンクで使いやすいです。

天板も大理石なのか高級感があります。

石鹸はロクシタンですね。

ジャスミン&ベルガモット。

天板右側はハンドタオルとミネラルウォーター。

あとリモコンがあります。

リモコンは洗面台右側に設置されているテレビのリモコンとなります。

左側の引き出しには、ドライヤーですね。

高級ホテル御用達の「REPRONIZER 4DPlus」。

風量があって髪の毛がすぐ乾きます。

右側の引き出しは、アメニティです。

ロクシタンのボディーローションもこちらにありました。

一番下段に体重計があります。

トイレはこちらですね。

手洗い用のシンクはありませんので、洗面台で洗いましょう。

続いてバスルームです。

こちらも大理石で立派なお風呂です。

ただ、シャンプーやボディーソープで床が滑りやすくなるので、小さなお子様がいる場合は注意が必要ですね。

湯船の大きさも広くて快適です。

バスソルト、タオル、ボディースポンジです。

泡立ち良いボディースポンジでした。

レインシャワーもあります。

もちろんハンドシャワーもあります。

水圧もバッチリでした。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは、ロクシタンのジャスミン&ベルガモット

最近では珍しい、少量ボトルタイプですね。

シャングリ・ラ東京の子供用アメニティ

シャングリ・ラ東京の子供用アメニティですが、最初から用意していただいたものと、追加でお願いしたものとがあります。

そして、ターンダウン時に用意してくれたものもありました。

最初からあるもの

・ナイトウェア

・バスローブ

追加でお願いしたもの

・スリッパ

・踏み台

ターンダウン時

・歯ブラシ

・シャンプー

・スリッパ

こちらは追加でお願いしたスリッパです。

スリッパは用意してくれても良いのではと思いましたが、探してもなかったためお願いしました。

最初は「履きたい」と言っていた我が子ですが、終盤はスリッパは全く使わずという感じでしたね。

子供用スリッパも大人と同じで、厚くフカフカでした。

続いて追加でお願いした踏み台です。

ちょっと小さめでバランスの悪い踏み台でした。

こんな感じにセットして使いました。

洗面台に届かないので、ホテルに行くときはいつも頼んでいるアイテムですね。

ターンダウン時に用意していただいた、子供用アメニティ。

小さいバッグにまとめて入っていました。

中身は、歯ブラシ、シャンプー、スリッパです。

ここでスリッパくる!?と思いましたが、どうなんでしょうか。。。

子供用シャンプー(全身に使える)は大人用のを利用すると刺激が強い場合があるので、こういうサービスはありがたいですね

シャングリ・ラ東京のインペリアルガーデンビュー

シャングリ・ラ東京のインペリアルガーデンビューですが、丸の内、大手町側は高いビルが立ち並んでいるので、皇居はあまり拝めませんでした。

ただ、真下に東京駅があるので、電車好きの子供たちには最高のビュースポットになると思います。

眼下は、東京駅。

こまち・はやぶさの連結部分も見えます。

東京駅ですからいろんな電車が通って楽しむことができますよ。

夜はライトアップされてきれいですね。

夜の東京駅もこんな感じで見れます。

シャングリ・ラ東京のターンダウン

ターンダウンは17時半から順次お部屋を回って対応してくれます。

ちょうど夕食で部屋を離れているときに、ターンダウンを行っていただきました。

ベッドメイキングとナイトウェアの準備、またベッドサイドには水を用意してくれました。

シャングリ・ラ東京の朝食

FHRの特典は2名分の朝食が含まれます。

また、6歳未満は大人が朝食のつくプランであれば、無料でした。

基本ブッフェ形式で好きなものを選びつつ、卵料理などは1品メニューから選ぶ方式でした。

まずは子供用には「オムレツ」をお願いしました。

しっかりめに焼いてもらいました。

こちらは、エッグベネディクト セレクションから「鮪のポキサラダベネディクト」です。

こちらは唯一追加料金が発生する料理です。

エッグベネディクト セレクションから「エッグロイヤル」です。

追加料金880円。サービス料別です。

ここでしか食べられないおすすめの品で是非ご賞味くださいとのことでしたので、頼んでみました。

結果、プリプリのオマール海老との相性も良く、満足する一品でした。

こちらはメロンジュース

シャングリ・ラ東京と言えば、メロンジュースという方も多いのではないでしょうか。

ジュースはこの他にもリンゴ、オレンジがあるのですが、メロンジュースがダントツ人気で、すぐなくなってしまいます。

我が子も美味しいといってガンガン飲んでいました。

一品料理の他はブッフェ形式なので、好きなものを取っていくスタイルです。

パンも種類が多いです。

コロナ禍だからか分かりませんが、食べ物は常に小皿に分けられ、それを取るスタイルとなっています。

フルーツであれば、キウイだけ取って持っていくという感じではなく、フルーツとしてお皿に何種類か盛られています。

大皿から取り分けるタイプではありませんでした。

ブッフェ台には手の込んだ料理はあまり置いておりませんでしたが、満足のいく朝食が摂れました。

シャングリ・ラ東京のインルームダイニング

シャングリ・ラ東京のレストランは数が少なく、子供向きの料理も少ないことから夕食は外でとりました。

ただ、100米ドル分のホテルクレジットが丸々残ってしまうので、ランチでインルームダイニングを頼むことにしました。

ザ・ロビーラウンジ」で夏限定の「メロンかき氷」を販売しておりましてぜひ食べたいと思っていたのですが、インルームダイニングで頼めないか相談したところ、お店に確認していただき、インルームダイニングで食べることができました。

メロンを半分にして器に見立て、その上にフレッシュメロンジュースを凍らせたかき氷が乗る贅沢なかき氷です。

その分お値段も張りますね。

でも、宿泊した記念と食べさせていただきました。

ルームサービスのランチとしては、子供用にミニハンバーグ。

お肉とフライドポテトが大好きな我が子です。

大人は、天ぷら蕎麦です。

そして、ランチでもメロンジュースを注文しました。

メロンジュース、単品で頼むと結構なお値段します。

でも、美味しい。

シャングリ・ラ東京のプール

さて、最後はシャングリ・ラ東京のプールを紹介します。

プール、ジムは29階にあります。

プールは4歳未満は利用できません。

また、コロナ禍でプールは予約制となっていいます。

チェックインしてすぐプールの予約をしたのですが、当日はすでに満員。

翌日であれば、まだ空きがあると言うことで翌日のお昼に予約を入れました。

プールは50分制で、6名までとの人数制限がありました。

プールに行くにはジムを突き抜けていく必要があります。

ちょっと変わった作りですね。

ジムの向こうに更衣室やプールの入り口があるのです。

ジムの先に更衣室があります。

こちらで水着に着替えて、またこちらを通ってプールの入り口に移動します。

更衣室内にはタオル、バスローブが豊富に用意してあります。

ロッカーの中にもバスタオルはありました。

ロッカーの数は結構ありましたが、更衣室自体があまり広くないので、大人数での利用は厳しいですね。

更衣室奥には、3人分利用できる洗面台とさらに奥にはトイレがあります。

脱水機は、分かりやすいところに置かれています。

お風呂もあります。

お風呂は撮影禁止なので、中を撮れませんでしたが、ジェットバスとサウナが完備されていました。

子供がいた関係上ゆっくりできませんでしたが、こちらでゆっくりお風呂に浸かるのも良いですね。

ちなみにお風呂はプール利用の50分予約には含まれないので、プールで50分しっかり運動してそれからお風呂でゆっくり温まると言うことができます。

インペリアルガーデンビューのプールです。

開放感があってよかったです。

プールは深めで子供は全く足がつきませんが、子供用に浮き輪などを用意していただき、子供もかなり楽しんでいました。

今までホテルのプールは時間の関係上あまり利用することはありませんでしたが、最近はホテルのプール楽しんでいます。

あ、ちなみにこちらのプールではスイムキャップは必要ないようでした。

シャングリ・ラ東京のまとめ

シャングリ・ラ東京の宿泊レビューはいかがでしたでしょうか。

夕食をホテルで摂らなかったので、100米ドルのホテルクレジットを使い切れるか不安でしたが、「メロンかき氷」をインルームダイニングで食べれたことでうまく利用することができました。

FHRだとチェックアウトが16時まで確約なので、ゆったりホテルライクを楽しむことができます。

それでは、今回のFHRの特典状況を振り返ります。

FHR特典結果

1.12時からのアーリチェックイン → 〇 14時から利用

2.お部屋のアップグレード → 〇 インペリアルガーデンビューにアップグレード

3.2名分の朝食サービス → 〇

4.100米ドル分のホテルクレジット → 〇 当日レートで13,288円分

5.無料のWi-Fi → 〇

6.16時までのチェックアウト(確約) → 〇

FHRの特典は本当に気に入っています。

FHR」での宿泊でしたが、シャングリ・ラのホテルメンバーシップにも反映されており、ポイントも受けることができました。

ホテルによって雰囲気がガラッと変わるので、いろんなホテルに泊まる楽しみがありますよね。

シャングリ・ラ東京もお気に入りのホテルの1つになりました。

あなたのホテルライクの参考になれば幸いです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-お出かけ
-, ,