お金のこと

三井住友カードのVポイントは1円以上の価値で交換するのがおすすめ!交換先3選をご紹介

クレジットカード決済を行うと、決済額に対してポイントが貯まります。

クレジットカードを利用すれば自然とポイントは貯まっていきますが、貯めるだけでポイントを活用することを忘れていませんか?

ポイントも有効期限がありますので、使うことも考えてうまく活用したいですよね。

三井住友カードを使用するとVポイントが貯まるのですが、このVポイントは何に交換するのが良いのでしょうか。

私はSBI証券のクレカ積立で「三井住友カード ゴールド(NL)」を利用していますので、クレカ積立で貯まったVポイントのおすすめ交換先を詳細したいと思います。

SBI証券のクレカ積立で貯まったVポイントを何に交換すればよいか迷っている方の参考になれば幸いです。

クレカ修行で人気!三井住友ゴールドNLの審査日程とカード発行までの日数を紹介

クレジットカードの発行を申し込むと、カードの到着が待ち遠しいですよね。 ゴールドカード以上だと発行できるか審査もあるので、審査結果も気になるところです。 今回、「三井住友カードゴールドNL」を発行しま ...

続きを見る

こんな方におすすめ

・Vポイントの使い道を知りたい

・SBI証券のクレカ積立で貯まったVポイントの利用法を知りたい

・Vポイントのお得な交換先を知りたい

SPONSORED LINK

1ポイント1円以上に交換できるのがおすすめ

三井住友カード ゴールド(NL)」は基本還元率は0.5%となります。

クレジットカードとしては普通の還元率ですが、カード会社によっては1.0%還元が基本というところもあります。

1.0%以上の還元率となれば、高還元率のカードと言えますね。

三井住友カード ゴールド(NL)」も、クレカ積立した金額に対して1.0%還元してくれたり、コンビニでタッチ決算などうまく活用すれば5%還元になったりと使い方によっては、高還元率になるカードとなっています。

基本還元率は0.5%のため、200円につきの1ポイントのVポイントが貯まります。

10,000円の支払いで50Vポイントが貯まる計算となります。

Vポイントは、1ポイントあたり1円以上のものと交換するのがもっともコスパのより交換先となります。

ただ、1ポイント1円以上というとかなり限られてきます。

1ポイント1円以上に交換できるおすすめ交換先は以下3点です。

おすすめ交換先

・クレジットカードの利用代金に充当

・Vポイントでの買い物

・Vポイントでの投資

上記は1ポイント1円の価値で利用できますのおすすめです。

上記3点の説明をしていきますね。

クレジットカードの利用代金に充当

一番おすすめなのはクレジットカードの利用代金に充当するいわゆるキャッシュバックとしての使い方です。

1ポイント1円としてクレジットカードの利用料金として充当できるので、一番使い勝手のよいポイントの利用方法となります。

三井住友カードのVポイントは有効期限がありますので、たくさん貯めてから交換しようと考えていたらいつの間にか期限が切れていたということもありますからね。

その点利用代金に充当する場合は、1ポイント単位で交換できますのでポイントが貯まったらすぐ利用することができるので、ポイントの有効期限切れも防ぐことができます。

キャッシュバックにポイントを交換した場合は、原則翌月か翌々月の利用代金に充当されます。

支払いがない月の場合は、キャッシュバックの残高が次月の支払いに繰り越しされます。

ただし、繰越残高の有効期限は3か月なので、一気にキャッシュバックに交換するのではなくで必要な分だけ交換していくのがおすすめです。

キャッシュバックは口座に現金が振り込まれるのではなく、あくまでクレジットカードの利用代金に充当されることになりますのでご注意ください。

Vポイントでの買い物

Vポイントは普段の買い物やネットショッピングにも利用できます。

楽天ポイントのポイント払いのように利用することができるのです。

しかもVポイントでの支払いの場合は、VISAが利用できるところで使えますので、ほとんどのところで利用することが可能です。

VISAが使えないお店って逆に探すのが大変なくらいですよね。

楽天ポイント払いはできないところが多いですが、Vポイント払いはどこででも利用できるのが特徴です。

Vポイントで買い物するには「Vポイントアプリ」のダウンロードが必須です。

Vポイントアプリに残高をチャージすることで、買い物で利用することができます。

チャージするVポイントが足りない場合は、三井住友のクレジットカードや銀行口座からもチャージができます。

こちらはバーコード決済ではなく、iDやVISAタッチ決済のように利用することになります。

プリペイドカードのような使い方になりますね。

Vポイント支払いも1ポイント1円で利用できるので、還元率0.5%となります。

Vポイントでの投資

こちらはSBI証券でクレカ積立でVポイントを貯まるように設定している方におすすめです。

また、投資に興味があるけど手元の現金が減ってしまうのは嫌だという方や投資を初めて見ようかなという方にもポイント投資なら気軽にできるのでおすすめですね。

貯まったVポイントで投資はできるのですが、定期買い付けには対応していません。

Vポイントで投資をする場合は、スポット買いが前提となります。

SBI証券でクレカ積立を行っている人はVポイントを貯まるように設定している方も多いかと思います。

その場合は貯まったクレカ積立で貯まったVポイントを再投資することができますので、資産運用をしている方にはおすすめの利用法になりますね。

Vポイントのおすすめ交換先まとめ

いかがでしたでしょうか。

Vポイントを1ポイント1円で利用できる交換先を詳細させていただきました。

おすすめ交換先

・クレジットカードの利用代金に充当

・Vポイントでの買い物

・Vポイントでの投資

交換先に迷わられてい方については、「クレジットカードの利用代金に充当」が一番おすすめです。

その他にもいろいろとポイントの交換先が用意されているのですが、他の交換先は正直言って還元率が悪くなります。

1ポイント0.8円の価値に下がってしまうなどしてしまいますが、ご自身がこれに交換するんだと決めているものがあるのであればそのために貯めるのもアリかと思います。

クレジットカードを利用してせっかく貯めたポイントですから有効活用したいですよね。

Vポイントは有効期限があるということを認識して、有効期限内にポイントを使い切るようにしましょう。

三井住友カードのANAカードで貯めたVポイントはマイルに交換したほうが断然お得です。

普通のVポイントと違ってマイルへの交換率が優遇されていますので、交換先に注意してください。

以上、あなたの参考になれば幸いです。

SBI証券のVポイント投資!TポイントからVポイントへのコース変更方法を詳しく説明

SBI証券で、Vポイントによる投資が始まりました。 今までは三井住友カードでクレカ積立投資を行なって得ていたVポイントですが、ポイントで投資することはできませんでした。 しかし、2022年5月30日か ...

続きを見る

SBI証券のVポイント投資 ANAカードで貯めたVポイントの扱いはどうなる?

SBI証券にてVポイント投資が始まりました。 私もVポイント投資が始まったと同時に、投資信託でVポイントが貯まるようにさっそく設定してVポイントを貯めています。 また、私はANAカードの「ANASFC ...

続きを見る

SBI証券のクレカ積立は三井住友ゴールドNLがおすすめ!投資信託はクレカで購入する時代

最近証券会社では「クレカ積立」に力を入れており、大手ネット証券会社ではこの「クレカ積立」に対応するようになっています。 SBI証券、楽天証券、マネックス証券、今挙げた証券会社はすべて「クレカ積立」がで ...

続きを見る

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-お金のこと
-,