自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

おすすめ記事

資産運用

米国株を運用するならおすすめのネット証券会社3社

米国株を運用するにあたり利用できるネット証券会社のご紹介です。
SBI証券、楽天証券、マネックス証券のおすすめポイントをまとめています。

続きを読む

子育て

夫の立ち会い出産 生まれる瞬間は感動

我が子が誕生したときのこと。 準備はしてきていましたが、振り返ってみたらこうしておけばよ良かったなど、考えさせられることがありました。 いくら準備をしていても、想定とは違ったことが起きます。 我が家の出産記録、夫視線でまとめました。 ----- 妻が妊娠してから出産するまでの間、準備をしてきましたが、イメージしてきたものと実体験は全く違いますね。 色々と情報を集めて準備してきましたが、なかなか準備どおりにいかないもので。 準備どおりにはいかないことは分かっていましたが、事前に情報を得ていたので多少想定と違 ...

続きを読む

ライフスタイル

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードを泣く泣く解約

かなりお世話になった、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード。 趣味だったホテル宿泊でよく使用させていただきました。 子どもが生まれるため今後使用する機会が減るカードの整理として、まずヒルトン・オナーズVISAゴールドカードを解約しました。 ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードのメリット、デメリットを振り返りながら、解約の方法を記事にしたいと思います。 ヒルトン・オナーズVISAカード ヒルトン・オナーズVISAカードは、クラッシックカードとゴールドカードがあります。 カード名 年会費 クラシック ...

続きを読む

ライフスタイル

これで合格!FP2級に独学で合格するための勉強法とおすすめテキスト

FP2級(2級ファイナンシャルプランナー技能士)を独学で合格しました。FP2級合格のための独学勉強法や教材をご紹介します。
私はFP3級からの合格者なので、FP2級を最短で合格するにはAFPからを所得してから受けるという方法もあります。
FP2級はFP3級の試験と違ってそれなりの勉強時間を確保する必要があります。
ぜひ、ご参考にしてください。

続きを読む

グルメ

八丁堀で人気のビストロ 「レトノ(Les TONNEAUX)」

やっと行けました。 八丁堀で大人気のビストロ 「レトノ(Les TONNEAUX)」 こちら大人気でなかなか予約が取れないんですよね。 運良く、土曜日に予約が取れましたので、早速訪問してきました。 妻は妊娠中、私はあまりお酒が飲めないたちですが、料理も美味しいと有名です。 以前は酒屋さんを営んでいたというお店なだけ、ワインにはものすごく定評があります。 ドイツワインに力を入れているみたいですね。 ワインバルといえば、八丁堀には酒屋さんを併設した「マル」も有名です。 八丁堀近辺は、そのようなお店が有名のよう ...

続きを読む

子育て

たばこの煙と妊婦さん、胎児への影響

投稿日:2017年10月15日 更新日:

妊婦さんとたばこ。
たばこはいろいろなサイトで妊婦さん、子どもには良くないと言われており、非常に害があるもの、妊婦さんは特に避けないとなりません。
私は喫煙者ではないのですが、妻が妊娠してからは妻と一緒に外食するとき禁煙のお店を選んでいます。
しかし、禁煙のお店は私の自宅の近くにはファミレスぐらいしかなく外食するときはいつも決まってファミレスになってしまいます。
妊娠する前は、いろいろなお店に行けたのに非常に残念です。
子どもを授かって初めて分かることは多いですね。

ファミレスの場合は、禁煙席と喫煙席が別れているので非常に入りやすいです。
外食するときの第一候補。
ファミレスではなく、小さいお店になっていまうと、ほとんどが喫煙OKの場合が多く、さすがに怖くて入れません。

タバコは、普通に喫煙する人にも良くないとされているので、妊婦さん、胎児についてはなおさら影響があるものと考えています。
どのようなたばこの害があるのかまとめてみました。

SPONSORED LINK

妊婦さんが喫煙する場合

妊婦さんの中にももともと喫煙していて、妊娠発覚後も禁煙できずに止められないという方もいるかと思います。
たばこの煙には、ニコチン、一酸化炭素など、有害物質が含まれており、それを摂取すると妊婦さんや胎児に影響があると言われています。
たばこの影響は、妊婦さんや胎児、生まれたあとの新生児にも影響があるようです。
具体的にどのような影響があるのかと言うのは医学的には分かっていないみたいです。
出産後の新生児にも影響があると言われると、生まれてくる未来ある子に出来る限り安全に生まれてほしいと願ってしまいます。

妊婦さんが喫煙しないが、周りが喫煙する場合

家族の中で喫煙者がいる場合やレストランでの食事、飲み会等の集まりでたばこの煙を吸ってしまういわゆる「受動喫煙」での影響が心配されます。
煙を吸うことで、有害物質を摂取してしまうため直接喫煙する場合と比べても非常によくないとされています。
たばこの煙があるところは、避けるべきと考えます。

たばこの影響

母体への影響としては、早期破水・前置胎盤・胎盤異常・早産・低出生体重・子宮外妊娠・自然流産・口蓋裂・周産期死亡などがあるようです。
出産後でも発達の影響、SIDS(乳児突然死症候群)など、良いことがありません。

結論 完全には避けることが難しい

社会で生活する限り、たばこについては完全に避けられません。
家では吸わないことは当たり前として、外出先、外食時はなるべく避けるように行動をする必要があると考えます。
最近は、喫煙する場所が限られていたり、禁煙の場所も増えてきました。
私の会社でもたばこが吸える場所が限られるようになりました。
しかし、実際生活しているとまだまだ改善の余地があると感じます。

妊婦さん、生まれてくる子どものためにもたばこのことを気にせず、安心して生活できる世の中になってくれたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-子育て
-

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.