自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

「出産準備」 一覧

子育て

2017/12/25

出産の入院用荷物は早めの準備を!一箇所にまとめておくのがベスト

妻が破水し、緊急で入院したことで困ったこと。 それは、まだ妻が入院の準備が完了していなかったということです。 事前にある程度準備は進めていたものの、まだ日程的に余裕があると思っていたらしく細かいものは持ってきて欲しいもののバッグに入っていませんでした。 確かに普段使用しているものなどは、事前に入れらないとは思いますが、自分があとから入れようと思っていたものを共有できていないと持ってきて貰う人は困ってしまうので、1箇所にまとめておいたほうが無難です。 我が家では、以下を追加で持っていくことになりました。 会 ...

子育て

2017/12/5

出産に向けての入院準備 荷物のまとめ方

出産するための入院準備。 結構な荷物になりますよね。 5泊ぐらいは病院で過ごすので、それなりの荷物になります。 我が家も出産準備に向けて、入院用の荷物をまとめました。 カバンは2つになりました。 1つめ 陣痛用荷物 こちらも大きなカバンとなってしまいましたが、陣痛のときに必要となる荷物をカバンに詰めています。 中身については妻が詰めていたので把握できていませんが、出産に向けて必要なものを入れていると思います。 陣痛用に必要な荷物も結構あるのですね。 私が昔使用していた、2泊は可能のカバンを使用しています。 ...

子育て

2017/11/29

胎教は効果があるのか 胎教の種類について

胎教と言うと真っ先に思い浮かぶのは、クラシック音楽を聞かすこと。 私の思考回路は上記のような感じでしたので、妊娠が分かった途端に聞きもしないクラシック音楽を部屋中に流していました。 一応、これも胎教と思っていますが、本当はどうなのでしょうか。。。 胎教とは 胎教とは、妊婦がお腹の赤ちゃんとコミュニケーションをとることによって、胎児に良い影響を与えるということのようです。 音楽を聞くというのも立派な胎教ですよね。 胎教の効果 胎教をすることで、胎児の脳の発達を促したり、安産になる傾向が高くなったり、夜泣きが ...

子育て

2017/11/28

妊娠が分かったら家事分担の見直し パパが積極的に家事を!

妻の妊娠が発覚後、今までの家事の分担を変更しました。 妊娠初期はツワリもあって妻も思うように動けませんでしたし、安定期に入ってからはお腹もドンドン大きくなって、しゃがんだりすることが大変になってきました。 妊娠してからは、なるべく妻に無理させないためにも負担を減らす必要があります。 世の旦那さんは積極的に家事協力していますか?? 我が家では共働きと言うこともあって、週末土日にまとめて家事を行っていました。 平日はお互い帰りが遅いということもあって、外食が多かったです。 我が家の週末土日に行う家事とは次のと ...

子育て

2017/11/27

夫が行う出産後の事務手続きのまとめ

出産後は役所や会社へいろいろと届け出、申請をする必要があります。 基本的には、出生後●●日以内と定められていますので、その期限を守って届出等を提出します。 出産後直ぐに届け出、申請しないといけないものについては、基本夫がやるものと思っています。 さすがに、出産を終えたママに色んな場所に出向いて手続きをさせるのは酷なことですので。 私が行う手続きとして、出産後スムーズに対応できるようメモしておきます。 出生後直ぐに役所で行う手続き 生まれて直ぐに役所で行う手続きです。 1.出生届 出生届は、生まれた子どもを ...

子育て

2017/11/26

立ち会い出産のメリット・デメリット

今や50%以上が経験すると言われる立会い出産。 私も立会い出産を希望しています。 最近では立会い出産を推奨する病院も多いみたいです。 立会い出産を希望しても、病院では立会い出産を禁止している病院もあるみたいなので希望されている方は事前に調べておく必要があるようです。 また、立会い出産するにあたり条件があったりします。 両親学級に参加することが条件とか、病院によって様々です。 立会い出産のメリット メリットがあるからこそ、立会い出産の需要が高まっているのだと思います。 立会い出産のメリットをまとめてみました ...

子育て

2017/11/24

妊婦健診への夫の付き添いのマナー

妻の妊婦健診で夫が産婦人科へ付き添うこと、皆さんどうお考えでしょうか。 最近は、夫婦で妊婦健診を受診する人も多いと聞きます。 私もタイミングが合えば付き添うようにしてきました。 私の妻が通う産院では、夫の健診同行は可能でしたので一緒に妊婦健診を受けることができました。 アメリカやヨーロッパでは夫婦で妊婦健診を受けることが当たり前とか。 日本はまだ遅れているのですかね。 妊婦健診の同行を禁止している病院もあるようですので、同行したい夫は事前に調べておく必要があります。 妊婦健診同行のメリット 胎児の状況を確 ...

子育て

2017/11/23

妻の妊娠が分かったときに夫が会社に伝えるタイミング

妊娠が分かったとき、会社にはいつ伝えたほうが良いのだろう。 伝えるタイミングって難しくないですか? 私もいつ会社に伝えるべきなのか迷いました。 会社へ伝えるタイミング 女性であれば、妊娠初期はつわり等がひどい場合があり、仕事を休むなど支障がでることも想定されるので早めに伝えたほうが良さそうです。 直属の上司から伝えたほうが良さそうですね。 理解ある上司であれば、配慮などしてくれると思います。 では、妻が妊娠したときの夫はいつごろ伝えるかと言うことですが、妊娠が判明して嬉しい分いつ上司に伝えるべきか悩みます ...

子育て

2017/11/22

無痛分娩(和痛分娩)のメリット、デメリット

妻が産院の麻酔教室に参加してきました。 麻酔教室とは、無痛(和痛)分娩の説明会でメリット、デメリットそして産院の方針を説明してくれるというものです。 海外では麻酔をして分娩をするというのが多いらしいですが、日本はまだまだ少ないようです。 テレビでもたまに無痛分娩で死亡事故が起きたとのニュースを聞いたりするので、怖いなと思ったりします。 ただ、少しでも出産時の痛みが和らぐのであれば、進歩した医学の力を借りるのも悪くないと思います。 出産の痛みは男では我慢できないぐらいの痛みだと言うし、想像をはるかに超える痛 ...

子育て

2017/11/20

保活はもう諦め?保活の厳しい現実

皆さん保活っていつ頃から始めましたか?? 妊娠中にしたほうが良いという意見を聞きますが、やはりそうなんでしょうね。 早めに準備しておいたほうが良いと思いますので、そのとおりだと思います。 ただ、我が家が住む自治体は待機児童が多く、うまく保活を進められそうにありません。 そういう場合は、どうすれば良いのですかね?? 保育園を作って受け入れ児童を増やしてくれないと、我が家も漏れなく待機児童の仲間入りになりそうです。 働きたいママさんがいる場合は、待機児童は死活問題ですよね。 保育園に入れる希望は少ないと感じて ...

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.