自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

子育て

新生児サイズからSサイズへ 紙おむつサイズアップの目安

投稿日:2018年2月22日 更新日:

1ヶ月半頃、我が子の紙おむつサイズをSサイズにサイズアップしました。

とうとう新生児用(SSサイズ)は卒業となりました。

我が子は3Kg以下で生まれたので、Sサイズにアップした時期としては妥当なところかもしれません。

おむつのサイズアップ時期のタイミングは悩みますね。

おむつが無くなる頃が、次はサイズアップするべきか、まだサイズ維持で良いか一番悩む時期かと思います。

我が家も新生児用からサイズアップする時、そろそろ?サイズアップする?と夫婦で相談していました。

今後のためにも、サイズアップの目安を整理したいと思います。

SPONSORED LINK

サイズアップの目安

ほとんどのおむつメーカーは、月齢と体重でサイズアップの目安を表示してくれます。

●月齢でのサイズアップ目安

  • 新生児用:生後1ヵ月
  • Sサイズ:生後1~3ヵ月
  • Mサイズ:生後3~15ヵ月
  • Lサイズ:生後12~36ヵ月
  • LL(ビッグ)サイズ:36ヵ月以上

●体重でのサイズップ目安

  • 新生児用:5Kgまで
  • Sサイズ:4〜8Kg
  • Mサイズ:6〜11Kg
  • Lサイズ:9〜14Kg
  • LL(ビッグ)サイズ:12〜22Kg

我が家ではちょうど4KgぐらいでSサイズにしたので、タイミングは良かったのかなと思っています。

おむつのサイズが小さいと

おむつのサイズが小さいと、大や小が漏れることがあるようです。

我が家は小の量が多すぎておむつが吸収しきれなかったと言うことはありませんでしたが、大の方はたまに漏れることがありました。

大の漏れはおむつのギャザーをしっかり立てていなかったというミスもあると思いますが、大が漏れるようになったらサイズアップする時期だという情報もありました。

サイズアップすることでおむつの吸収量も上がるので、漏れもかなり減るようです。

まとめ

月齢と体重がサイズアップの目安になるということは、紙おむつを使っていると分かりますが、それでもある程度月齢も体重も幅があるので悩むところはあると思います。

赤ちゃんも人それぞれで細い子もいれば太い子もいるので、細い子は小さいサイズでも大丈夫だったりするかもしれません。

我が子は紙おむつSサイズにアップしましたが、ウエストはだいぶ余りますし、太もものあたりも結構余裕があるので、逆にそこから漏れないかなと心配になることがあります。

しかし、Sサイズにしてからは今のところ服が汚れることはないのでサイズが合っているのかなと思います。

あと1ヶ月ぐらいしたら、Mサイズのタイミングを図る時期が来るのかな。

紙おむつのサイズで、我が子の成長が測れる楽しみでもありますね。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-子育て
-

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.