自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

子育て

新生児といえるのはいつまで 新生児の特徴など

投稿日:2018年2月5日 更新日:

スクスク成長している我が子。

生後1ヶ月をゆうに超えました。

生まれてすぐは新生児ですが、新生児という言葉いつまで使えるのでしょうか。

SPONSORED LINK

新生児とは

新生児とは生後28日未満の赤ちゃんのことを指すようです。

ちょうど4週間ということですね。

新生児期はママのお腹から生まれて外で生きていく準備をする期間と言えそうです。

新生児が過ぎたら

新生児の時期が過ぎたら、以下のように呼び名が変わるようです。

乳児

新生児を含み1歳になるまでの間を乳児と呼びます。

我が子はもう1ヶ月過ぎているので乳児ですね。

幼児

1歳から小学校入学するまでの間を幼児と呼びます。

保育園とか幼稚園とか通っている子が該当しますね。

乳幼児

生まれてから小学校入学するまでの間を乳幼児と呼びます。

乳児と幼児をくっつけた感じですね。

我が子は乳児でも乳幼児でもどちらでも良いっとことですね。

新生児の特徴

あっという間に過ぎ去った新生児の時期ですが、以下の特徴があったようです。

新生児の生活サイクル

新生児の時期は、お腹が空いたら泣くのでミルクをあげ、お腹いっぱいになったら寝て、おしっこ、うんちをしたら泣くという生活サイクルでした。

睡眠サイクルは、2時間から3時間と言われていますが、我が子の場合は結構バラバラのような気がしました。

短いときは1時間で起きますし、長いときは5時間とか寝ているときがありました。

さすがに長く寝ているときは、心配になって起こしてあげましたが、今でも夜は結構ぐっすり眠ってくれます。

オムツ替えは1日10回以上。

1日18回オムツを替えた時もありました。

変えたそばからすぐおしっことかすることがありました。

沐浴時期

沐浴も新生児の時期ですね。

我が子は1ヶ月半ぐらいで沐浴を卒業しました。

今は一緒にお風呂に入って楽しんでいます。

原始反射

大きな音に両手を広げて驚いたりすることがあります。

新生児期にはいろいろな反射が見られる時期のようです。

大きく成長

ミルクを飲んでいるだけですが、1ヶ月で赤ちゃんも大きく成長します。

我が子は1ヶ月で1キロ以上は重くなったと思います。

オムツのサイズもSSサイズからSサイズを検討する時期に差し掛かるのも、新生児の後半かと思います。

まとめ

生後1ヶ月しかない新生児の時期。

慣れないことばかりで赤ちゃんと向き合うのが大変な時期でしたが、あっという間に過ぎ去ったという印象です。

新生児期はあまり目が見えていないと言われますが、ミルクをあげるときなどじっと見つめてくれているような気がしていました。

新生児の時の我が子を振り返ると、はやり成長しているなと実感させてくれます。

これからもスクスク、ノビノビと育ってほしいと願います。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-子育て
-

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.