自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

グルメ

東京駅でおすすめのボリュームある弁当 「つきじ喜代村」 深川弁当

投稿日:2018年4月7日 更新日:

こんばんは。ムーファです。

今回はお弁当の紹介です。

エキュート東京で購入したお弁当になります。

その名も「深川弁当」。

深川弁当といったらアサリですね。

エキュート東京に出店している「つきじ喜代村」のお弁当となります。

満足行くお弁当でしたので、ぜひご紹介させていただきます。

SPONSORED LINK

つきじ喜代村

「つきじ喜代村」といえば「すしざんまい」が有名ですね。

正月明けの初競りでいつも話題になります。

今年はマグロ初セリ最高額落札を逃したとか。

何かと話題になる会社ですね。

そんな話題性もある、つきじ喜代村が東京駅に出店しているお弁当専門店となります。

正確には直営店・特定店舗という位置づけのようです。

こちらのお弁当屋さんは、魚を中心にボリュームのあるお弁当が多いです。

どれを選んでも満足いく弁当かと思います。

場所は、東京駅にあるエキュート東京です。

東京駅なので、エキュートは混雑していますね。

人気NO1弁当 深川弁当

さて、そんなつきじ喜代村のお弁当ですが、人気No1を誇るのがこちら「深川弁当」となります。

お値段は、1,200円です。

ちょっとお高めですかね。

でも見てください、このボリュームです。

下にご飯があるのですが、そのご飯が見えないぐらいビッシリとあさりで埋め尽くされています。

ご飯も薄いのではなく、これまたボリュームがあり満足度はかなり高いです。

左端にあるのが、ひじき煮とつぼ漬け。

アサリの下は錦糸卵とごぼうが少しあるだけで、あとは白飯となります。

アサリは甘めの味付けです。

私は、甘めの味付けが苦手なので、こればかり食べていると苦しいかな。

つぼ漬けで変化をつけながら完食です。

アサリもしっかりしたものですし、もちろん砂抜きもしっかりされています。

1つ1つアサリを食べても、しっかり味が染み込んでいて甘いですが美味しかったです。

これが東京の郷土料理ですかね。

江戸っ子の味というものでしょうか。

まとめ

つきじ喜代村のお弁当は、魚を中心にボリュームあるお弁当を販売しています。

つきじ弁当や三色弁当と人気があるお弁当があるようです。

しかもボリュームも満点。

東京出張等でお腹が空いた状態で帰る場合は、つきじ喜代村のお弁当はいかがでしょうか。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-グルメ
-,

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.