自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

グルメ

銀座木村家で人気のあんぱんとあんバターをお土産に!(木村屋總本店)

投稿日:

銀座の一等地にある「銀座木村家」。

アンパンのお店として有名ですよね。

あんぱんの種類も豊富にあり、どれを食べればよいか迷ってしまいますよね。

1Fのベーカリーでは、なんと130種類以上のパンが売られているのです。

2Fには喫茶を運営しており、サンドイッチやスイーツをいただけます。

3Fは洋食グリル、4Fはフレンチビストロとパンだけではなく洋食も手がけているんですよ。

銀座での買い物ついでに、軽く食べるのもよし、ガッツリ食べるのもよし、そして食べたあとは手土産にあんぱんを買うという使い方もできますね。

あんぱんは同じ建物内の7F、8Fにある工場で毎日作っているのです。

できたてが食べられるって、幸せですよね。

今回は、銀座木村家の「あんぱん」をご紹介します。

SPONSORED LINK

銀座木村家の創業・看板商品

銀座木村家の歴史は古く、創業は1869年(明治2年)となります。

1874年にあんぱんを考案。その翌年に明治天皇に献上されています。

1900年には、ジャムパンを考案。

あんぱん、ジャムパンの発祥として現在も看板商品として店頭に並んでいます。

木村家はのれん分けが多いのも有名ですよね。

色んな所で聞いたことがあると思います。

それだけ有名なパン屋さんなのです。

現在はさきほどご紹介したとおり、ベーカリーを中心に、和菓子、洋菓子、レストランの経営まで手がけています。

パンを販売する直営店は、デパートの中やエキュートで販売していることが多いです。

東京都中央区銀座4-5-7 銀座木村家 1F

営業時間:10:00~21:00
定休日:無休(大晦日・元旦を除く)
電話番号:03-3561-0091

木村家の代名詞 けしあんぱん

購入したパンをご紹介します。

木村家と言えば、「あんぱん」が有名です。

お店の中に入ると、あんぱんが10種類近く販売されているのが目に入ります。

定番のあんぱんから季節のあんぱんまで、来る度に新しい発見があり良いですね。

今回はまず「けしあんぱん」を購入しました。

この「けしあんぱん」は1つ150円です。

大きさは、子どもの手で持てるぐらいの大きさという感じでしょうか。

小ぶりな部類になります。

中は、こしあんがギッシリ。

木村家のあんぱんはイースト菌を使わず、酒の酵母で作る「酒種」を使用しています。

昔からの作り方の伝統を守り抜いたおいしさがここにあるのです。

生地は弾力があり、もちもちの食感が特徴的。

こしあんはなめらかで口溶けもよく、舌の上ですっと溶けるような感じです。

人気のあんバター

続いて、銀座木村家で「あんぱん」を蹴落とす勢いで人気がある「あんバター」。

これまた絶品なので、銀座木村家に寄った際はぜひ購入してほしい1品です。

あんバターは、1つ230円。

アンパンとは違って、袋に包装されています。

商品は、お店に入ってすぐ左側のかごに並べられていました。

こちらのあんバターは非常に人気があるらしく、購入する人はほとんどまとめて買っている人が多かったです。

袋から出すと、パンの穴からバターが見えます。

バターがたっぷり入っていることが伺えますね。

これは見るからにうまそうです。

 

半分に割ってみました。

生地は、フランスパン生地で硬めでしっかりしています。

中身はつぶあんとバターの2重層。

バターは気持ち程度ではなく、ガッツリと入っています。

つぶあんとバターがこれまたマッチして堪りません。

人気があるのも納得する味となっています。

まとめ

こういうこだわりのあるパンって良いですよね。

銀座木村家は、あんぱん、ジャムパン、あんバターを是非購入していただきたいです。

お土産としてもご自宅用として、喜ばれること間違いないです。

銀座に来たらたまには「あんぱん」いかがでしょうか。

ごちそうさまでした。

のれん分けの築地木村家の記事です。
築地でパンを買うならここがおすすめ!バラエティ豊富な「けしあんぱん」(築地木村家)

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-グルメ
-,

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.