自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

おすすめ記事

資産運用

米国株を運用するならおすすめのネット証券会社3社

米国株を運用するにあたり利用できるネット証券会社のご紹介です。
SBI証券、楽天証券、マネックス証券のおすすめポイントをまとめています。

続きを読む

子育て

夫の立ち会い出産 生まれる瞬間は感動

我が子が誕生したときのこと。 準備はしてきていましたが、振り返ってみたらこうしておけばよ良かったなど、考えさせられることがありました。 いくら準備をしていても、想定とは違ったことが起きます。 我が家の出産記録、夫視線でまとめました。 ----- 妻が妊娠してから出産するまでの間、準備をしてきましたが、イメージしてきたものと実体験は全く違いますね。 色々と情報を集めて準備してきましたが、なかなか準備どおりにいかないもので。 準備どおりにはいかないことは分かっていましたが、事前に情報を得ていたので多少想定と違 ...

続きを読む

ライフスタイル

ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードを泣く泣く解約

かなりお世話になった、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード。 趣味だったホテル宿泊でよく使用させていただきました。 子どもが生まれるため今後使用する機会が減るカードの整理として、まずヒルトン・オナーズVISAゴールドカードを解約しました。 ヒルトン・オナーズVISAゴールドカードのメリット、デメリットを振り返りながら、解約の方法を記事にしたいと思います。 ヒルトン・オナーズVISAカード ヒルトン・オナーズVISAカードは、クラッシックカードとゴールドカードがあります。 カード名 年会費 クラシック ...

続きを読む

ライフスタイル

これで合格!FP2級に独学で合格するための勉強法とおすすめテキスト

FP2級(2級ファイナンシャルプランナー技能士)を独学で合格しました。FP2級合格のための独学勉強法や教材をご紹介します。
私はFP3級からの合格者なので、FP2級を最短で合格するにはAFPからを所得してから受けるという方法もあります。
FP2級はFP3級の試験と違ってそれなりの勉強時間を確保する必要があります。
ぜひ、ご参考にしてください。

続きを読む

グルメ

八丁堀で人気のビストロ 「レトノ(Les TONNEAUX)」

やっと行けました。 八丁堀で大人気のビストロ 「レトノ(Les TONNEAUX)」 こちら大人気でなかなか予約が取れないんですよね。 運良く、土曜日に予約が取れましたので、早速訪問してきました。 妻は妊娠中、私はあまりお酒が飲めないたちですが、料理も美味しいと有名です。 以前は酒屋さんを営んでいたというお店なだけ、ワインにはものすごく定評があります。 ドイツワインに力を入れているみたいですね。 ワインバルといえば、八丁堀には酒屋さんを併設した「マル」も有名です。 八丁堀近辺は、そのようなお店が有名のよう ...

続きを読む

子育て

赤ちゃんの怪我を防ごう!リビングにおすすめのジョイントマット

投稿日:2017年10月9日 更新日:

赤ちゃんは動き回るとどのような行動をとるか予想が付きませんよね。

バランスを崩して床に頭をぶつけてしまうことも多いことかと思います。

我が子もハイハイを始めた頃から床に頭をぶつけることが多くなってきました。

本当に怪我は怖いので、事前に対策を打っておくことが必要です。

我が家でとった対策は、ジョイントマットを敷き詰めること。

コルクマットでリビングを敷き詰めたのですが、そのおかげで頭をぶつけてもクッション代わりになり大きな怪我にならずにすんでいます。

育児には必須相手もだと思いますので、ジョイントマットのメリット・デメリット含めてご紹介いたします。

SPONSORED LINK

ジョイントマットのメリット

ジョイントマットは赤ちゃんの怪我や、床の傷防止、階下への騒音防止に役立ちます。

一番のメリットは赤ちゃんへの安全でしょうか。

フローリングと違ってジョイントマットは柔らかいので、転んでも痛くないし、怪我もしにくいです。

次に階下への騒音防止ですが、我がマンションは結構階下に響いたりします。

たまに上の階の足音等が気になったりしますので、赤ちゃんが足をバタつかせて階下に迷惑をかけると思い、防音防止に役立つことを期待していました。

他にはフローリングからの寒さからも守れますので、冬場には活躍すること間違いなしです。

ジョイントマットの種類

ジョイントマットにも沢山の種類があります。

我が家はコルクマットを採用しましたが、他にもありますのでご紹介します。

コルクマット

 

表面にコルクが敷き詰まれているマット。

コルクの下はEVA樹脂素材となっています。

冬は暖かく、夏はサラッとしているのが特徴。

お値段はちょっと高めとなります。

2色のEVA樹脂マット

よく見かけるのは、ブラウンと白(ベージュ)の2色のマット。

単価も安いので人気がありますよ。

 

単色のEVA樹脂マット

2色マットの単色バージョン。

シンプルにしたい場合はこちらを採用するのも手です。

 

木目調のマット

表面が木目調になっているマット。

フローリングの雰囲気を壊さなそうです。

 

 

ジョイントマットの厚さ

ジョイントマットには厚さがあり、厚みがある方が防音効果が高いようです。

サイトで見ていたところ、0.6cm〜2cmぐらいの厚さがあるマットがあります。

防音効果を期待して一番厚いの買ったが、ドアに引っかかって使用できなかったという報告もありましたので、床からドアの高さ等を確認して買う必要がありそうです。

ジョイントマットの大きさ

一般的なジョイントマットは、30cm×30cmです。大判となると45cm×45cm、60cm×60cmというものがあります。

大判になるとジョイントマットの数が少なく敷き詰めることができますので、はめ込む手間が楽になります。

我が家採用のジョイントマットは

我が家は、コルクマットの2cmの厚さ、45cm×45cmを採用しました。

赤ちゃんがメインに過ごす部屋全体をマットで敷き詰めました。

敷き詰める前です。

敷き詰めた後です。

結構雰囲気が変わりました。

敷き詰めた当初は多少匂いがしますが、時間とともに消えていきます。

ジョイント部分は結構目立ちますね。

あとは、部屋のフローリングはルンバが掃除してくれていたのですが、コルクマットにして段差ができてしまったのでルンバが使えなくなったのがデメリットです。

2cmの厚さは乗り越えられません。

掃除はこまめに自分でやらないとなりません。

コルクマットを敷いて防音性、安全性が高くなり、非常に満足です。

生活していくと気になるデメリットも出てくるかと思いますが、まずは合格点ですね。

コルクマットは時間が経つと表面のコルクが剥がれてきてしまうことがありますので、そこは注意が必要です。

赤ちゃんはなんでも口に入れたがるので、剥がれたらすぐに捨てるようにする必要がありますね。

冬、夏と過ごしてきましたが、非常に快適に過ごせています。

我が子が歩き回っても、防音効果のおかげで音は最小限に抑えられていると実感できますよ。

コルクマットを敷き詰めていない場所で、動き回られると音が余計気になります。

迷っているあなたに参考になればと思います。

北欧デザインのカーテン、ラグ、マット専門店【cucan クーカン】では、防音効果の高い下敷き専横ラグを扱っています。
ジョイントマットではなく、おしゃれなマットを敷き詰めたいあなたにおすすめですよ。
特許取得の下敷き専用ラグ「ふかぴた」はこちら

ランキングに参加しています。
1日1回クリックをお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-子育て
-

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.