自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

グルメ

東京で買う沖縄の黒糖を使ったバームクーヘン 「九六一八(くろいちや) 」

投稿日:2018年6月28日 更新日:

東京で沖縄の味を楽しみむというのはいかがでしょうか。

沖縄のお菓子といえば、サーターアンダギーや紅芋タルト、ちんすこう等が有名ですよ。

私も大好きで、沖縄に行ったりアンテナショップに行ったりすると必ず買ってしまいます。

なんか素朴な味がして懐かしい、沖縄のお菓子は優しい素材のものが多い気がします。

今回は沖縄の黒砂糖(黒糖)を使用したバームクーヘンのご紹介です。

今回のお店は、 「九六一八(くろいちや)」。

私は初めて聞くお店でした。

沖縄の黒砂糖をで仕上げた「バームクーヘン」。

これは期待ができます。

SPONSORED LINK

九六一八(くろいちや)

まずはお店のご紹介。

「九六一八(くろいちや)」、漢数字だけでお店の名前を表したちょっと変わったネーミングです。

お店を調べてみると、沖縄のお店ではなくて「新宿中村屋」のショップブランドでした。

新宿中村屋といえば、「クリームパン」や「純印度式カリー」が有名です。

私も何度かカレーをレストランで食べたことがあります。

高級カレーという印象です。

新宿中村屋ですが、月餅やショコラなどいくつかのショップブランドを展開しています。

九六一八(くろいちや)もそのショップブランドと一つとなります。

平成22年に「九六一八(くろいちや)」一号店を開業。

現在九六一八(くろいちや)ショップ数は、3店舗です。

エキュート大宮店、小田急百貨店 町田店、小田急百貨店 新宿店です。

その他に、期間限定で店舗を出しているみたいなので見かけたら購入するしかないですね。

商品は、沖縄の黒砂糖を使用した和菓子や洋菓子を販売しています。

バームクーヘン、まんじゅう、かりんとう、わらび餅など。

どれも美味しそうです。

九六一八(くろいちや)のHPはこちらです。

黒糖バームクーヘン「くろのき」

まずは定番の「バームクーヘン」のご紹介です。

 

ホールで買ってみました。

お値段は、1,200円(税別)です。

 

バームクーヘン、しっかり包装されています。

 

開けた瞬間、黒糖の香りが鼻を突き抜けてきます。

美味しそう。

そして黒砂糖を使用しているいうことで、黒い。

チョコのバームクーヘンのようです。

 

バームクーヘンは、しっとり系。

黒糖のコクがたまりません。

甘さを控えめにしているのか、パクパクといけてしまいます。

なんか優しいバームクーヘンという感じです。

黒糖の香りは本当に良いですね。

黒糖バームクーヘン 抹茶黒蜜

続いてはこちらもバームクーヘンです。

 

季節限定ということで、抹茶黒蜜を購入。

こちらはホールではなく、カットでの購入です。

 

ちょっと黒目の抹茶色ですが、写真写りがちょっと悪いですね。

味は、抹茶の風味を感じつつ黒蜜が主張してくる感じです。

ちょっと甘いかな。

抹茶の爽やかさというよりかは、黒蜜、黒砂糖が強い感じでした。

まとめ

今回は黒糖を使用したバームクーヘンのご紹介でした。

バームクーヘンも志向をこらしていろいろとありますので、食べるのが楽しいですよね。

お店によって、個性がありますので見かけるとついつい買ってしまいます。

黒糖を使用したバームクーヘンは珍しいと思いますので、手土産で喜ばれると思います。

ぜひ食べていただければと思います。

ごちそうさまでした。

ランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

 

ロイヤルパークホテル水天宮 「バウムクーヘン」

ロイヤルパークホテルの「バウムクーヘン」いただきました。 甘いものが大好きな我が家。 さっそくおやつにいただきました。 パッケージ ホテル内で売っているお土産用の菓子なので、パッケージから凝っています ...

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-グルメ
-,

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.