自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

ライフスタイル

考えさせられる同期の転職 自分が転職するとしたら

投稿日:2017年11月15日 更新日:

同期が転職しました。

40代という年齢のため、転職も慎重に選ばないとなりません。

また、家族がいると経済面でも年収ダウンとなるとなかなか転職に踏み込めませんよね。

転職した同期にどのようにして転職活動をしたのかと聞いたのですが、普通に転職サイトに登録して転職したのではなく、会社宛に転職しないかとの手紙が届いたと言うんですよね。

ヘッドハンティングの1つなのかもしれませんが、その手紙1つで転職することになってようです。

今では新しい職場で頑張っているようです。

という事で、自分が転職するとしたら?という観点で記事にしたいと思います。

まず、転職するにあたっては、転職サイトに登録して転職活動をするというのが王道だと思います。

SPONSORED LINK

転職サイトに登録

転職サイトは現在色々と存在しています。

その中でも大手と言われているのは以下の会社があるようです。

  • リクナビNEXT
  • DODA
  • マイナビ転職

他にも大手といわている転職サイトがあるようですが、まずそのような大手転職サイトに登録することから始めるようです。

中でも転職エージェントサービスがあれば、無料で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるようです。

転職エージェントがいれば、転職もうまく進められそうです。

転職の流れ

自己分析・情報収集

転職をしたいと思ったときから、色々と情報収集を始めると思います。

まずは、自分の棚卸しからでしょうか。

・転職の目的
・自分の将来像
・自己分析
・自分のキャリアの振り返り 等

自分を見つめ直し、どのような仕事につきたいのか、何ができるのかをじっくり考える必要があると思います。

さすがに私も40代ですので、転職すると自分は何ができるのか?と考えないとなりません。

全く今までのキャリアと関係ない仕事につくのは、厳しいと思うので。

求人への応募

求人への応募するにあたり、事前準備も必要です。

応募する求人先の情報収集や、自分自身の履歴書の作成などやることがあります。

自分が譲れない条件面の整理(給与、休暇など)をしたり、自分は何ができるのかをアピールするポイントを履歴書にまとめく必要があります。

面接

求人へ応募して書類選考が通れば、面接になると思います。

志望動機や自己PR、退職理由をまとめて望む必要があります。

会社によっては複数回の面接があるようです。(採用担当→役員→社長)

内定・退職

内定がもらえたら、退職に向けての準備が必要です。

仕事をしての転職の場合、退職が一番難しいかもしれません。

円満退職であればいいのですが、中にはそうでもない方もいると思いますので。

でも、なるべくなら円満退職でありたいですよね。

退職日までにキッチリ引き継ぎを終わらせることが重要だと思います。

退職までの期間が短いと、色々と問題が発生しそうなので転職先との入職日等の調整も必要そうです。

まとめ

まだ、私は転職したことないので転職活動をするとなると上記の流れになるとイメージしています。

この歳になると、転職も難しいだろうなと勝手に思い、転職に踏み出せずにいます。

しかし、今回のように同期が転職し、話を色々聞くと自分はどうなんだろうと見つめ直す機会をもらえましたし、転職しないにしても今の自分の価値はどうなんだろうと話を聞いてみても良いかなと思っています。

私が転職するとしたら違う業界に行きたいなと漠然と考えています。

勝手に転職するわけにはいかないので、転職すると決めたら家族とじっくり話し合いたいと思います。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-ライフスタイル
-

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.