自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

子育て

新生児のしゃっくりが止まらないときの対処方法

投稿日:2018年1月19日 更新日:

新生児のしゃっくり、回数も多く、なかなか止まらず心配ですよね。

我が子も毎日しゃっくりをしています。

こんなに頻繁にしゃっくりを繰り返すのは、本当に心配です。

胎児のときもしゃっくりをしていたみたいですが、新生児はその比ではないような気がします。

SPONSORED LINK

ナゼ新生児のしゃっくりは多いのか

しゃっくりは横隔膜が痙攣することで起こります。

大人でもしゃっくりはしますよね。

赤ちゃんがしゃっくりするのは、授乳やミルクを飲むときに空気を一緒に吸い込んでしまうことが原因と言われています。

新生児は飲むことしかできないので、飲み物と一緒に空気を吸い込むのは自然です。

また、新生児の横隔膜は未発達のため、環境の変化や少しの刺激で横隔膜の痙攣が起こることがあるようです。

しゃっくりの止め方

大人の場合は、驚かせたり(古い?)、息を止めて水を飲んだりして何となく経験からしゃっくりを止める術を心得ています。

新生児の場合は、泣く、飲む、寝ることしかできませんので、やれる範囲は限られてきます。

どの止め方が効果的なのでしょうか。

1.ミルクを飲ませる

新生児は、母乳、ミルクしか飲めませんので、飲めるのもを飲まして飲んだ刺激で止まることがあるそうです。

2.ゲップをさせる

授乳後にしゃっくりが出る場合は、ゲップをさせることで止まることがあるようです。

確かに、飲み終わったあとに出ることが多いので飲み込んだ空気を出してあげることでしゃっくりが止まることがあるかもしれません。

3.おむつを替える

おしっこなどでおむつが濡れて、体が冷えることでしゃっくりがでることもあるそうです。

そのような場合は、おむつを替えて体を温めるとしゃっくりが止まることがあるようです。

4.大泣きさせる

大泣きさせることで、しゃっくりが止まることがあるそうです。

大泣きすれば、しゃっくりのことなど忘れてしまいそうですね。

これはまだ試していませんでした。

ただ、大泣きさせるのもかわいそうな気が。。。

まとめ

新生児のしゃっくりは、心配することはないと言われています。

我が子もしゃっくりの回数が多いですが、新生児はそんなものだと割り切っています。

我が家のしゃっくりの止め方は、「何もしない」です。

しゃっくりが始まったら、そ〜っと見守っています。

そのくらいの心構えで良いのかなと思っています。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-子育て
-

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.