自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

グルメ

【お弁当】網野名物 「青 ばらずし」(とり松)

投稿日:2018年4月17日 更新日:

こんばんは。ムーファです。

今回は美味しいお弁当をいただいたので、ご紹介させていただきたいと思います。

とり松の「青 ばらずし」です。

「ばらずし」ってあまり好んで選ばないのですが、頂いてみたらものすごく美味しかったです。

これは紹介しなければと思い記事にしました。

SPONSORED LINK

とり松

それではさっそく、お店のご紹介です。

「とり松」は、京都府京丹後市網野町に本店を構えており、日本料理・寿司を扱う食事処です。

名物はこの記事でご紹介する「ばらずし」。

京都駅内の新幹線コンコースやキヨスク、京都伊勢丹のお弁当コーナー等で「ばらずし」のお弁当を販売しているそうです。

また、百貨店の催事等でお弁当を販売しているようですね。

今回は、友達が百貨店の催事で購入してくれたそうです。

網野名物「ばらずし」

それでは、「ばらずし」のご紹介です。

「ばらずし」は聞いたことがあるのですが、実際食べるのは初めてかもしれません。

「ばらずし」は、京都府北部の丹後地方の郷土料理です。

イメージとしてはちらし寿司になるのではないでしょうか。

ばらずしとちらし寿司の違いがよくわかりませんが。。。

こちらが、名物「ばらずし」です。

青と書かれていますので、普通の「ばらずし」とは違うのですが、見た目は変わりません。

「青 ばらずし」にはしそが入っているとのことでした。

表紙をとると、丹後ちりめんの紹介文がありました。

名物「ばらずし」です。

1人折 850円です。

表面しか写真を取りませんでしたが、中身はすし飯と鯖のおぼろの段重ねとなっていて、味を飽きさせないボリュームあるお弁当となっています。

こんなに美味しいとは、知りませんでした。

すし飯もぎっしり詰まっていて、パクパクと食が進んでいきます。

また、色も鮮やかなので目でも楽しめますね。

まとめ

妻の友人が「子育て大変だから夜に食べて」と購入してくれた「ばらずし」ですが、ものすごく美味しかったです。

これ、京都とかに出張に行ったら買ってしまうかもしれませんね。

百貨店でもたまに催事で出していたりするみたいなので、見つけたら食べてみてください。

また、好きなお弁当ができてしまいました。

ごちそうさまでした。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-グルメ
-

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.