自由な生き方を模索するブログ。資産運用、子育ての役立つ情報を発信。

ムーファの足跡

子育て

新生児の沐浴は難しい?我が家の沐浴手順をご紹介

投稿日:2018年1月11日 更新日:

赤ちゃんが退院後、自宅でやることと言えば、授乳、オムツ替え、沐浴。

産院でも入院中、沐浴は1回しか行っていないらしく、自宅で行うのが言わば本番という感じ。

両親学級でデモンストレーションしましたが、そのときは人形相手でしたからね。

赤ちゃんが相手となると、勝手が違います。

ここで、沐浴のおさらいをしておきます。

SPONSORED LINK

沐浴とは

沐浴とは、新生児の赤ちゃんをベビーバスなどに入れて、お湯ををかけて体を洗ってきれいにすることです。

入浴とは別に区分しているらしく、入浴は一般的なお風呂に一緒に入ることを指すとのことです。

赤ちゃんは、生まれたばかりは抵抗力が弱いため、大人とは別に赤ちゃん専用のベビーバスで、肌を清潔に保つ必要があるとのことです。

確かに赤ちゃんは寝てばかりですが、おしっこもうんちもしますし、寝てる間も汗をかなりかいていそうです。

新生児は新陳代謝も活発なので、肌が汚れていることも多いので肌を守るためにも沐浴が必要のようです。

沐浴はいつまで行うのか

沐浴は産後の退院後から生後1ヶ月、毎日必要とのことです。

1ヶ月健診でお風呂に関して医師から特に指摘なければ、入浴に切り替えても良いようです。

我が家の沐浴の方法

我が家の沐浴の方法です。

1.我が子の沐浴タイミング

まず、我が子を沐浴するために準備を始めます。

授乳後1時間後ぐらいが良いと言われていますが、タイミングよくそのようにならないことのほうが多いです。

寝てるところ起こすのもかわいそうだし、授乳後にすぐ入れるものよくなさそうだし。

基本的には、我が家の夕食後に起きたら沐浴するようにしています。

2.着替えの準備

新しいおむつ、着替えを準備しておきます。

ベビーローション、保湿用のクリーム、綿棒、へそ消毒も着替えのすぐ横に用意します。

3.ベビーバスの準備

ベビーバスをキッチンのシンクにセット。

このようになります。

f:id:muu-fa:20171227231620j:image

ちょうどぴったり収まりました。

そこに40度のお湯を入れて沐浴の準備完了です。

4.沐浴する前に

赤ちゃんの服を脱がす前に、濡らしたガーゼで顔を拭きます。

目やおでこ、頬、口、顎。

顔の汚れが取れたら服を脱がします。

5.沐浴開始

服を脱がして、ベビーバスへ。

顔を拭いているときはかなり泣いていますが、ベビーバスに入れるとおとなしくなります。

ベビーソープをつけて、頭、首、手、お腹、足を洗っていきます。

後ろも背中やお尻、股をキレイに。

最後はベビーソープの泡を流して、ベビーバスから出します。

だいたい、10分以内には完了しています。

6.着替え

ベビーバスからあがったら、お湯をタオルで拭き取りベビーローション、ベビークリームを塗ります。

冬は乾燥するから、ベビーオイルよりクリームの方が良いと助産師さんからアドバイスをいただきました。

おへそも消毒し、綿棒で耳の掃除。

着替えさせて完了です。

ベビーバスからあがるときは、我が子はいつも泣きますね。

ベビーバスに入っているときはおとなしいのに。

まとめ

やはり最初入れるときは、緊張しますね。

小さいし、柔らかいし、入れるまで暴れるしで、ベビーバスの中に落としそうで心配でした。

でも、これは毎日することなので何回かすれば慣れてきます。

最低一ヶ月間は、ベビーバスで入れることになるのに自然になれると思います。

少しすれば赤ちゃんも慣れると思いますね。

ベビーバス期間も短いので、楽しみたいと思います。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

-子育て
-

Copyright© ムーファの足跡 , 2018 All Rights Reserved.